スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このブログの中でひとつでもいいと思ったことがあれば
下のアイコンをクリックして応援していただけると嬉しいです。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村
アクセスランキング参加中
☆☆☆実際に応用する場合は、自己責任で☆☆☆

そうだ!健康相談に行こう
【昭和薬局】薬剤師  鈴木 覚
〒351-0035 埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
【電話】048-473-7830
【FAX】 048-473-7332
【昭和薬局ホームページ】http://www.saitamakanpo.com 埼玉漢方ドットコム
【昭和薬局ブログ】http://showayakyk.exblog.jp/

第230号 「漢方系の大衆薬」中の虫類薬  その5

「華蟾素(かせんそ)注射液および内服液」
ガマガエルの皮よりの抽出物の注射液と内服液
処方:乾燥したガマガエルの皮
薬理作用:
1、マウスに体重1kgあたり5mlを静注したが、24時間経過しても死亡しなかった。
急性毒性試験では、静注でLD50は3.20±0.23ml/kg。
2、抗ガン作用:マウスのW-256に対する抑制率は63.7%、マウスの肝臓ガンHePAに対する抑制率は41.1%、網織細胞のD2に対する抑制率は40.3%であった。
L1210白血病のマウスに対しては、顕著に寿命を延長した。また、マウスの精原細胞内のDNA合成に対して抑制作用があった。
分子水平研究観察では、S180腹水ガン細胞内のcAMPおよびcGMPの含有量の変化に対しては、良好な調節作用があった。
ガン細胞のDNAとRNAの合成に対しては顕著な抑制作用があった。
3、免疫促進作用:動物を用いた研究では、華せん素は、動物の体液性免疫と細胞免疫機能を促進することが証明された。
CTXによって引き起こされた白血球減少症に対しては、防治作用がある。
華せん素は、マウスのリンパ細胞の比率を増加させ、マウスの血清中のIgG、IgA、IgMの含有量を増加させた。
Tリンパ細胞の活性を高めた。

注:ガマの油は、ガマガエルの皮膚よりの分泌物です。ガマの油というと、いかにも怪しそうですが、実は、立派な薬理作用があります。
ガマを刺激して、怒らせると耳のしたあたりから有毒な液を分泌します。それを、固めたものを蟾酥(センソ)といいます。
この、蟾酥には、優れた強心作用があり、現代の日本でも用いられています。商品名で言うと、「救心」「六心丸」などです。
これは、グラムあたり金よりも高い生薬です。
蟾酥は、少量だと心臓の働きを良くする強心作用があります。少し量が多いと、毒薬になります。
蟾酥(せんそ:ガマの油)だけではなく、ガマの皮=皮膚にも、薬用成分が含まれています。

スポンサーサイト


このブログの中でひとつでもいいと思ったことがあれば
下のアイコンをクリックして応援していただけると嬉しいです。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村
アクセスランキング参加中
☆☆☆実際に応用する場合は、自己責任で☆☆☆

そうだ!健康相談に行こう
【昭和薬局】薬剤師  鈴木 覚
〒351-0035 埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
【電話】048-473-7830
【FAX】 048-473-7332
【昭和薬局ホームページ】http://www.saitamakanpo.com 埼玉漢方ドットコム
【昭和薬局ブログ】http://showayakyk.exblog.jp/

第229号 「漢方系の大衆薬」中の虫類薬  その4

アリとミミズの薬用効果

玄七通痺カプセル
漢方薬、中成薬のあるものは、成分や効果が推定されるのがあります。この玄七通痺カプセルもそうです。玄は玄駒の略でアリのことです。痺(ひ)は、しびれですが、痛みをさすこともあります。ということで、アリを主成分とした、痺れや痛みを治す薬であろうことが、推定されます。

玄七通痺カプセル
処方:アリ、黄ぎ 、重楼、老鶴草等。
効能効果:
薬理作用:1、抗炎症作用。
2、鎮痛作用
臨床応用:類リウマチ性関節炎に対しては、81.7%の有効率であった。類リウマチ性関節炎の主要な症状である関節痛、関節の腫ちょうに対しては、とくに有効である。
昼は軽く、夜は重い腰や膝の痛み、手足の冷え等の症状を改善する。
臨床応用:中医学でいう肝腎不足、風寒湿痺阻の症候を示す患者に対して、玄七通痺カプセルを投与したところ、81.7%の総有効率であった。玄七通痺カプセルは風湿性関節炎の主要な症状である関節痛、関節腫張、朝のこわばりに対して良好な治療作用があった。玄七通痺カプセルは、昼は軽く、夜は重い腰や膝の痛み、手足の冷えなどの症状も、改善した。


「竜心素」
処方:地竜(ジリュウ:ミミズのこと)より抽出した成分である竜心素。1粒に225,000単位。
   (竜心素について調べましたが、化学名は不明。ルンブロキナーゼのことか?)
効能効果:顕著な血栓溶解作用がある。脳血栓、心筋梗塞、狭心症に用いる。
血液粘度を低下させ、血栓を予防する。
高血圧、高血脂および糖尿病に用いる。
また、(新薬の)降血圧薬、降血脂薬、降血糖薬と組み合わせると良好な共同作用がある。
薬理作用:
1、肺血栓を溶かす。ウサギを用いた試験では、竜心素には、肺の血栓を溶解する作用があることが確かめられた。
2、脳の血栓を溶かす。ウサギを用いた試験では、竜心素を投与して4時間弱で血栓の溶解がはじまり、薬効は24時間持続した。
3、繊維溶解能がある。ウサギを用いた試験では、顕著な繊維蛋白(フィブリノーゲン)溶解作用があることが確かめられた。
4、体外でも溶血作用がある。Chandlerの体外血栓溶解モデルを用いた試験では、投薬60分後から溶解が始まり、顕著な血栓溶解作用があることが確かめられた。
5、降血圧、降血脂作用がある。竜心素には顕著な血圧降下作用がある。マウスを用いた試験では、顕著な降血脂作用があることが確かめられた。
6、急性毒性試験の結果は、LD50>5000mg(内服)であった。
【LD50とは、半数致死量のこと。これを体重100kgの人間にあてはめると、竜心素を500g内服させると、2人に1人が死亡する。この量は、現実的にはありえず、塩よりは毒性が少ないことを意味している。
まあ、塩のLD50=半数致死量は、知りませんが。)
7、長期投与で毒性はない。動物に、竜心素を3カ月投与したが、腎機能および血液の状態は、正常であった。
8、催奇形性はない。体重1Kgあたり8gを投与して試験したが、母体に対する毒性はなく、胎児に対する毒性はなく、胎児の外観の奇形も無かった。
(6の試験と8の試験は、矛盾しているようですが、違う研究者、違う動物を用いたことからでしょう。)
9、発癌性はない。試験結果は発癌性が無いことが確かめられた。
結論:竜心素の毒性、副作用はきわめて少なく、長期間服用しても安全である。

このブログの中でひとつでもいいと思ったことがあれば
下のアイコンをクリックして応援していただけると嬉しいです。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村
アクセスランキング参加中
☆☆☆実際に応用する場合は、自己責任で☆☆☆

そうだ!健康相談に行こう
【昭和薬局】薬剤師  鈴木 覚
〒351-0035 埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
【電話】048-473-7830
【FAX】 048-473-7332
【昭和薬局ホームページ】http://www.saitamakanpo.com 埼玉漢方ドットコム
【昭和薬局ブログ】http://showayakyk.exblog.jp/

第278号  「漢方系の大衆薬」中の虫類薬  その3

 「新編中成薬手冊」大衆薬ハンドブック。青島出版社。于維泙先生、宋増芸先生、楊培民先生、孫洪勝先生 編著 より


去甲斑猫素片 Demethylcantharidin Tablets  デメチルカンタリジン錠
有毒な昆虫の代表ともいえるハンミョウ(実際は、豆ハンミョウ等が有毒で、
  ハンミョウは無毒ですが、歴史的にただのハンミョウとすることが多いので、ハンミョウとしました。)は、抗ガン薬に分類されています。
やはり、毒には、何等かの薬理作用がありますね。
斑猫の主成分は毒であるカンタリジンです。
これは、以前は日本薬局方にも収載されていました。
昔は、日本でも用いられていました。
このカンタリジンのことを中国語では斑猫素と書きます。
斑猫素=カンタリジン(Cantharidin)です。
去甲斑猫素(きょこうはんみょうそ)で Demethylcantharidin です。

処方:ハンミョウより抽出した有効成分である去甲斑猫素
効能効果:抗ガン剤。肝臓ガンの肝臓部の痛みを軽減し、腹水を軽減する。
     食道ガン、胃ガン、噴門ガン、子宮頸ガンなどに対しては、進行を阻止、或いは縮小させ、疼痛を緩解させる。
     上述の各種のガンの治療、白血球の減少症にも用いられる。
薬理作用:1、抗ガン作用。
2、吸収が比較的早い。投薬後24時間で、大部分は排出され、各臓器への残留薬量は極めて微量である。
   薬剤蓄積による中毒の可能性は少ない。
3、毒性試験。動物実験によれば、各臓器に対しては、明確な損傷がなかった。
  残留毒性がない。遺伝毒性がない。
4、マウスの免疫に対する影響。マウスの体液性免疫に対しては、明確な抑制作用が無かった。
5、血液成分に対する影響。
  マウスの腹腔に1日に0.5と0.8mg/kgを、連続4日間、8日間、23日間注射したが、白血球数は、一定程度上昇した。
  ウサギに毎日1日当たり、腹腔に1.5mg注射したが、
   また白血球数が上昇した。かつまた、注射の前後で中性粒細胞とリンパ細胞の比率は、ほとんど変化が無かった。


玄七通痺胶囊(げんしちつうひこうのう)  「こうのう」は、カプセルのこと
漢方薬、中成薬のあるものは、成分や効果が推定されるのがあります。
この玄七通痺カプセルもそうです。
玄は玄駒の略でアリのことです。
痺(ひ)は、しびれですが、痛みをさすこともあります。
ということで、アリを主成分とした、痺れや痛みを治す薬であろうことが、推定されます。
アリは、痛み、神経痛、リウマチ、肝炎などに効くとされ、近年は盛んに養殖されています。

玄七通痺カプセル
処方:アリ、黄芪 、重楼、老鶴草等。
効能効果:
薬理作用:1、抗炎症作用。
2、鎮痛作用
臨床応用:類リウマチ性関節炎に対しては、81.7%の有効率であった。
     類リウマチ性関節炎の主要な症状である関節痛、関節の腫ちょうに対しては、とくに有効である。
昼は軽く、夜は重い腰や膝の痛み、手足の冷え等の症状を改善する。


このブログの中でひとつでもいいと思ったことがあれば
下のアイコンをクリックして応援していただけると嬉しいです。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村
アクセスランキング参加中
☆☆☆実際に応用する場合は、自己責任で☆☆☆

そうだ!健康相談に行こう
【昭和薬局】薬剤師  鈴木 覚
〒351-0035 埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
【電話】048-473-7830
【FAX】 048-473-7332
【昭和薬局ホームページ】http://www.saitamakanpo.com 埼玉漢方ドットコム
【昭和薬局ブログ】http://showayakyk.exblog.jp/

第227号  「漢方系の大衆薬」中の虫類薬  その2

ゴキブリ薬を深く研究した、漢方医 湯元求真(ゆもときゅうしん)先生

大黄しゃ虫丸

処方:熟大黄、しゃ虫、水蛭、虻虫、セイソウ、乾漆、桃仁、苦杏仁、黄芩、地黄、白芍、甘草等。


これは、「金匱要略」にある、大変古くからある処方です。
以前、紹介しましたので、そちらも参照してください。
ゴキブリ、ヒル、アブ、地虫といった、面白い虫類薬が、配合されています。
しゃ虫:ハネのないゴキブリ。サツマゴキブリの仲間。数種のが薬用に用いられている。主に、雌が用いられている。

しゃ虫:シャは庶の下に虫。サツマゴキブリの仲間。
水蛭:ヒル。
虻虫:ボウチュウ。アブ。
セイソウ:セイは虫+斎、ソウは虫+曹。せいそうの訓は、じむし、すくもむしともいう。
     定義を敢えてすると、地面の中にいる、甲虫類の幼虫で、ある程度以上のおおきさももの。

この、「大黄しゃ虫丸」は、実際に日本で使われていたのだろうか、使われていたとしたら、いつ頃までだろうかと、長く疑問に思っていました。
最近、湯元求真先生の「応用漢方医学解説」という本を、読んでいたら答えがありました。
湯元求真先生は、その書の前書きで、「下瘀血丸」「大黄しゃ虫丸」「抵当丸」の3処方について、特に深く研究したと述べています。
前書きの終わりのほうに、このように述べています。
『「下瘀血丸」「大黄しゃ虫丸」「抵当丸」の三つの処方に関する解説は、著者が心血を注いで研究した結晶である。
 新しい治療への応用の発見も多い。読者は、これに深く注意を払っていただきたい。』
先生は、明治9年に生まれ、昭和16年に没していますが、その弟子たちは、今も活躍しています。
ですから、或いは今も、こっそりと使用されているかも知れません。

「大黄しゃ虫丸」そのものは、薬事法の関係で、日本では、製造販売されてはいません。
 しかし、材料である「しゃ虫」などは、今でも漢方問屋から 手に入ります。作ろうと思えば、作れます。

なお、「下瘀血丸」「抵当丸」の処方は、以下のとおりです。

下瘀血丸:大黄、桃仁、しゃ虫
抵当丸:水蛭、虻虫、桃仁、大黄



このブログの中でひとつでもいいと思ったことがあれば
下のアイコンをクリックして応援していただけると嬉しいです。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村
アクセスランキング参加中
☆☆☆実際に応用する場合は、自己責任で☆☆☆

そうだ!健康相談に行こう
【昭和薬局】薬剤師  鈴木 覚
〒351-0035 埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
【電話】048-473-7830
【FAX】 048-473-7332
【昭和薬局ホームページ】http://www.saitamakanpo.com 埼玉漢方ドットコム
【昭和薬局ブログ】http://showayakyk.exblog.jp/

第226号 「漢方系の大衆薬」中の虫類薬  その1

「新編中成薬手冊」大衆薬ハンドブック。青島出版社。于維泙先生、宋増芸先生、楊培民先生、孫洪勝先生 編著

さて、今まで多くの虫類の薬用効果を紹介して来ました。虫類単独であったり、処方の一部であったりです。
では、一般に売られている薬では、どうかというと、使われているのが、けっこうあります。
漢方系の、出来上がった薬、製薬会社が造って、一般に売り出していて、
薬局などで、処方箋なしで買える薬のことを、「中成薬(チュウセイヤク)」といいます。
しかし、この言葉は、一般には知られていません。
そこで、「漢方系の大衆薬」という言葉に置き換えます。

「新編中成薬手冊」(新編 漢方系大衆薬ハンドブック)という本には。約700の薬が取り上げられています。
漢方系ですから、日本と共通したのも、少しあります。
しかし、大部分は違います。
参考までに、共通したものを、列記して見ます。
防風通聖散、六神丸、六味地黄丸、竜胆瀉肝湯、杞菊地黄丸、
参苓白朮散、三黄丸、生脈カプセル、十全大補湯、天王補心丹、
香砂六君子湯、熊の胆、熊胆救心丹(救心)、血府逐瘀丸、
銀ギョウ解毒顆粒、玉屏風顆粒、知柏地黄丸、
合計17種。
700のうちの17ですから、ほんのわずかです。

しかし、本題である虫類薬が、入っているのは、相当数に上ります。
少し、紹介しましょう。


◎小児葫芦散
なかなか面白い処方の、小児用の薬を紹介します。
蛾、ニワトリの砂肝、カイコ、サソリと言った動物薬、琥珀(宝石のコハク)、朱砂(シュシャ、水銀の化合物)といった鉱物薬が含まれています。
葫芦蛾(コロガ)は、熱を冷まして、痰を切り、咳を止める。
ところで、この葫芦蛾(コロガ)というのが、何であるかが、わかりません。
葫芦(コロ)は、ヒョウタンのことなので、ヒョウタンによってくる蛾であるかもしれませんが、わかりません。
ある蛾の別名、あるいは、虫ではなく、何かの植物の別名かもしれません。
鶏内金(ケイナイキン:ニワトリの砂肝)は、胃腸の働きをよくして、消化を助ける。
白僵蚕(ビャッキョウサン)、コハク、サソリは、痰を切り、痙攣を止める。

小児葫芦散
処方:葫芦蛾、橘紅、茯苓、鶏内金、天竺黄、朱砂、僵蚕(きょうさん)、半夏曲、琥珀、全蝎、天麻、川貝母、冰片等。
効能効果:化痰消食、鎮驚去風。ゼンソク、咳、腹部の膨張、小児驚風の治療に用いる。



◎中彙宮瘤清カプセル
子宮筋腫には、ゴキブリ、ヒル!
現代西洋医学では、子宮筋腫に対しては、大きくなったら手術をする位しか、方法はありません。
何かの薬で小さくすることは、できません。
しかし、漢方薬では、小さくする事ができることもあります。
当店、昭和薬局でも、手術をしないですむことになり、喜ばれたこともあります。もちろん、ゴキブリ等は入っていない漢方薬です。
さて、ゴキブリ、ヒルが入っている、子宮筋腫の薬を紹介します。
しゃ虫もヒルも、血流を良くし、カタマリを取り去る、または縮小させる作用があります。
筋腫も固まりだから、きっと効果があるのでしょう。

中彙宮瘤清カプセル
処方:熟大黄、土別虫(しゃ虫:サツマゴキブリの仲間)、水蛭(スイテツ:ヒル)等
効能効果:活血駆瘀、消か破積、養血清熱。子宮筋腫に用いる。
臨床成績:宮瘤清カプセルは、子宮筋腫に対して、著効率は47.67%、有効率は86.67%。
宮瘤清カプセルは、子宮筋腫を確実に小さくする作用がある。特に比較的小さな筋腫には効果的である。
貧血を改善する作用がある。
薬理作用:1、抗女性ホルモン作用がある。
2、活血化瘀作用がある。
3、抗炎症、止血作用がある。
4、安全で毒性が無い。急性および長期の毒性の試験を行ったが、安全無毒であった。

このブログの中でひとつでもいいと思ったことがあれば
下のアイコンをクリックして応援していただけると嬉しいです。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村
アクセスランキング参加中
☆☆☆実際に応用する場合は、自己責任で☆☆☆

そうだ!健康相談に行こう
【昭和薬局】薬剤師  鈴木 覚
〒351-0035 埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
【電話】048-473-7830
【FAX】 048-473-7332
【昭和薬局ホームページ】http://www.saitamakanpo.com 埼玉漢方ドットコム
【昭和薬局ブログ】http://showayakyk.exblog.jp/
プロフィール

鈴木 覚

Author:鈴木 覚
埼玉県で薬局を開局しています。
漢方の勉強と趣味を兼ねて資料を集めている内、虫類にも面白い薬効があることに気がつきましたので2006年からブログをはじめ、今までご紹介してきました。
是非多くの方々に虫類の薬効を広く知っていただければ幸いです。
初めての方は【第1号】はじめに をご覧ください。

ご質問ありましたらtwitterにて。
ただし、虫に関する話題に限ります。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村

リンク
twitter
twitterはじめました! フォロー/リムーブお気軽にどうぞ
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。