スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このブログの中でひとつでもいいと思ったことがあれば
下のアイコンをクリックして応援していただけると嬉しいです。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村
アクセスランキング参加中
☆☆☆実際に応用する場合は、自己責任で☆☆☆

そうだ!健康相談に行こう
【昭和薬局】薬剤師  鈴木 覚
〒351-0035 埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
【電話】048-473-7830
【FAX】 048-473-7332
【昭和薬局ホームページ】http://www.saitamakanpo.com 埼玉漢方ドットコム
【昭和薬局ブログ】http://showayakyk.exblog.jp/

イボタカイガラムシ(イボタロウムシ)の薬効   その2

イボタカイガラムシ(イボタロウムシ)の薬効   その2
第277回   2016.11
会津の名産 会津蝋(あいづろう)  イボタの蝋(ロウ)は、疣取りの特効薬、

「最新薬用植物学」 刈米達夫、名越規朗 共著、1973年、広川書店  より

イボタノキ

イボタ蝋は、イボタ、オウイボタ、コバノトネリコ、ヒトツバタゴなどの枝幹にイボタロウカイガラムシの雄の幼虫が分泌する蝋を秋に成虫の羽化して飛去った後、乾燥したものである。本品は白色で大小不同の脆い粒状をなし、80~83℃で溶融し、特異の臭気がある。
虫白蝋は、イボタ蝋を溶融し、布漉しして夾雑物を除き型に注いで角板状にしたものである。

イボタロウカイガラムシは、東京付近では6月中旬、雌体の下にあった多数の卵から先ず雌の成虫が孵化し寄生植物の葉の裏面に移り、葉液を吸収して生育するが、7月中旬葉を去って枝に移り定着しはじめ笠状に、後に球状に変形する。
雄の幼虫は6月中旬~下旬に孵化し、雌幼虫と同じくはじめ葉面で葉液を吸って生活するが、7月上旬には2年~5・6か月の生の枝に移って群生し定着するが9月中旬まで生長を続け白蝋を盛んに分泌して体を覆い白蝋中の幼虫体は卵形に変じ、終に蛹化して白蝋の分泌を止める。
9月中下旬には多数の雄は羽化して出て、近距離を飛び拡がり、定着した雌体に達して交尾し、死滅するが、雌成虫は、肥大し生長をつづけ、翌年3月下旬には体は球状に膨大し、5月に老熟する。
雌は自分の体下に産卵後死し、卵は孵化し生活を繰り返す。
白蝋としての利用部分は枝に移って定着した雄の幼虫の分泌したものである。
薬用  民間:強壮薬として内用し、また止血薬として外用する。
用途・戸滑り、家具の艶出し料に用いる。

「民間薬用植物」梅村甚太郎先生、大正5年3月より、
いぼた Lygustrum Ibota Sieb.
漢名 水蝋樹。木犀科の落葉灌木であって、山野に広く自生する。茎の高さは、一丈余りに達する。
葉は楕円形、全邊にして対生している。五六月頃、小さな白い花を総状をなして開く。
果実は米粒大であって熟すれば黒色となる。樹皮に昆虫のために白色状の粉状物を、常に生ずる。これを蟲白蝋(いぼたろう)という。
蟲白蝋をとって、戸障子などの開閉が困難な時に敷居、鴨居などにぬれば滑らかになることにより、「戸すべり」と云う。
●疣のできたときは、その根を堅くしばり、この蝋を熱したのを一滴を落とせば、疣が抜け去るものである。
●この木の葉を食べる蜀候蛾(いぼたのむし)の幼虫は肺病、胃腸病に効があるとして、民間では炙ってたべる。あるいは、こうも云う。葉もまた焼いて食べれば肺病を治すと。
●弘前辺りにでは、イボタの実を、煎じて服用すれば、腹のカタマリを解き、葉を煎じて服用すれば、歯のゆるぎ痛むのに良いと云う。

「昆虫本草」梅村甚太郎先生、正文館書店、昭和18年11月
いぼたのらふむし Ericerus pela(Chavannes)  イボタノカヒガラムシ
○虫白蝋は、他の脂肪に比べれば融解点が高く、摂氏85.5度から83度の間にあるので、特殊の用途がある。
 中国では、四川、貴州、湖南、浙江、福建、安徽等の諸省にて、盛にこの虫を養殖している。
四川省に於ける年産額は、かって五百萬斤に達し、その多くは国内の需用に応じ、約五拾萬斤位は他国へ輸出されたが、現今は、その盛況は見られぬであらう。    
 虫白蝋の利用
○中国では、主として蝋燭の製造に用いる。又、丸薬の外皮に塗布したり、生絲織物の光沢をつけるのに用いた。
△民間にては打撲、切傷などに医用する膏薬に用いる事が多い。
△また、止血、鎮痛及び肉芽の発生を促す作用をもする。
○漢方医は、古来膏薬の原料として用いて来たが、我が国では、煎服して肺病、胃病に効ありとして、これらの疾病に使用してきた。又、疣取りに使用してきた。元来、いぽたの木と言う事は、疣とりの木と言う意味である。
○工業用としては、茶箪笥等のふきこみ、その他の木器具の表面に、これを塗布し琢磨して光輝を生ぜしめた。
又、朱に混じて模造珊瑚の製造の料に供し、書冊の表紙、靴の表面、磁器などの外用に塗布して光輝を附し、或いは、光沢布を作り、また一般家庭に於いては、敷居に塗って戸、障子の滑走を促すに用いる等、その用途は大変に多い。            `


「薬用植物図説」村越三千男、福村書店、1952年1月より
いぼたのき  水蝋樹
Ligus Ibota Sieb.var,augustifolium Blume.
(別名)イボタ・イボタラフ・イボノキ・イボトリ

産地・生態  北海道、本州、四国、九州、琉球、台湾などの林野に自生する落葉の灌木で、所によっては生け垣などの植栽している。幼條には短毛を生じ、幹の高さ1・5~1・9m位に達する。
葉は無柄で対生し、葉身は長楕円形、鈍頭である。
五月頃から梢の上方に白色の五弁花を総状に開き、花の後、小さな毬状をした黒色の果実を結ぶ。

薬用 この植物には一種の昆虫が白い巣を作りつけることがあるから秋冬の候に、その巣のある枝を取って天日に乾かしたものを「イボタ」蝋といって薬用に供する。
即ちこの「イボタ」蝋を煎じ服用すると水腫・利尿に効果がある。
また、手足等に出来た疣を細かい絹糸で固く結びつけてその上から「イボタ」蝋を熱して摘下すると、自然にこの疣を除き去ることが出来るのは不思議な位である。


「新編 中薬誌」 第四巻、肖培根主編、化学工業出版社、2002年12月

虫白蝋の項には、白蝋虫の寄生する植物として、白蝋樹と女貞があげられていますが、日本のとは、違うようです。1樹高が、全く違います。
白蝋樹は(学名が Fraxinus chinensis Roxb. 木犀科 Oleaceae)高さが16m、女貞は(学名 Ligstrum licidas Ait.f. 木犀科 Oleaceae)10mに達するとあります。

性味及び薬効  味は甘く、性質は温である。肌を生じ、瘡を斂する。血を止め、痛みを定める。
瘡瘍が久しく、潰れて斂しないのもの、金創出血等の症状に、用いる。
民間では、小量を内服すれば、強壮剤となり、外用で一は止血にもちいる。用量3~7g、外用は適量。

朝霞の漢方  昭和薬局  薬剤師 鈴木 覚
埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
TEL 048-473-7830  FAX 048-473-7332
スポンサーサイト


このブログの中でひとつでもいいと思ったことがあれば
下のアイコンをクリックして応援していただけると嬉しいです。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村
アクセスランキング参加中
☆☆☆実際に応用する場合は、自己責任で☆☆☆

そうだ!健康相談に行こう
【昭和薬局】薬剤師  鈴木 覚
〒351-0035 埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
【電話】048-473-7830
【FAX】 048-473-7332
【昭和薬局ホームページ】http://www.saitamakanpo.com 埼玉漢方ドットコム
【昭和薬局ブログ】http://showayakyk.exblog.jp/

イボタカイガラムシ(イボタロウムシ)の薬効  その1

イボタカイガラムシ(イボタロウムシ)の薬効  その1
    第276回   2016.10
会津の名産 会津蝋(あいづろう)  イボタの蝋(ロウ)は、疣取りの特効薬、

ある種の昆虫は、薬になります。薬用部位は、様々です。卵、幼虫、蛹、成虫などの虫の体そのもの。虫の排泄 物。虫の分泌物。
イボタカイガラムシでは、分泌物である蝋が工業用原料、薬用に用いられます。
イボタ蝋は、イボタカイガラムシの分泌物で、生薬名は、蟲白蝋といいます。

これについて、江戸時代に刊行された「日本山海名所図絵」(1、797年)に、興味ある記述があります。これによれば、会津(福島県)では、意図的に蟲蝋を生産、つまりイボタカイガラムシを養殖していたようです。また品質も良かったことが伺えます。
会津は、お種人参の栽培も、盛んでしたから、イボタ蝋の人工的な生産がなされても、不思議ではないでしょう。
また、今なお 市の中心部には、薬用植物を集めた「御薬園」があります。
イボタカイガラムシの生活史は、大変興味深いものです。この虫の雄は、完全変態し、雌は、不完全変態するという、極めて不思議なものです。しかしながら、昆虫関係の本などで、その生態を記述したものを、見たことが
ありません。あるいは、どこかにあるかもしれませんが。「薬用動物製造学」(沖田秀秋先生、大正10年、大倉書店)に、記載されていますので、後半で紹介します。

「日本山海名所図絵」(1,797年)より 
会津蝋(あいづろう)
本草 蟲白蝋(ほんぞうちゅうはくろう)といって、奥州会津(福島県西部の会津地方)に採れる蝋である。これは、イボタクライという虫を養い、水蝋樹(イボタ)という木の上に放せば、自然に枝の間に蝋を生じる。至って色が白い。その虫は奥州のみにあって、他国にはないので、形が正確にはわからない。今、他国に白蝋というのは、漆の木などの蝋を曝(さら)した白色のものである。また薬店にて外療に用いる白蝋というのも、蜜蝋(ミツロウ)の曝したものであって、これまた本物ではない。水蝋樹(イボタ)という木は、所々に多くあり、葉は忍冬(にんどう:スイカズラ)に似て小さい。夏は、枝の末に小さな白い花を開き、花の後、実を生じて、熟して色黒く鼠の糞のようであり、冬は葉が落ちる。
又、この蝋を刀剣に塗れば、久しく錆を生じない。また、疣(いぼ)に貼(つけ)れば、自然に落ちるので、「イボオトシ」の名がある。
今、蝋屋で売っている「会津蝋」という物は、その真偽がおぼつかない。

(編者注:黄蝋についての記述もあるので、ここに引用します。ついでながら、会津の養蜂所に蜂蜜を買いに行った事がありますが、片隅に蝋細工がおいてありました。黄色い蝋でしたので、ああ、これが本物の蜜蝋だな、と思いました。)

蜜蝋  一名 黄蝋(おうろう)
この蜜蝋(ミツロウ)は、黄蝋(おうろう)という物であって、蜂の巣である。その巣を絞りとった滓(かす)である。蝋をとるには、生蜜を採った後の蜂の巣を鍋にいれ、水にて煎じ沸騰した時、別の器に冷水を盛ってその上に籃(かご)を置き、あの煎じたものを移せば、滓(かす)は、籃(かご)に留まり、蝋は下の器の水面に浮かぶが、それをまた陶器に入れて湯煎をすれば自然に固まり蝋となる。
また、熟蜜をとる時、鍋にて沸かせば、蜜は上に浮かび、蝋は中に在り、脚の底にある。これを採って冷やしても、自然に黄蝋として固まる。

さて、
江戸時代に刊行された「本草綱目」の解説書、研究書である「重修本草綱目啓蒙」(小野嵐山先生口授、天保15年:1844年)の蟲白蝋の項には、
蟲白蝋の和名は、「イボタロウ」、「会津ロウ」とあります。このことから見ても、蟲白蝋の江戸時代における中心的な生産地は、会津であることが、判ります。
また、「中国にては、女貞樹に、この蟲を養う。それで、別名蝋樹(ろうじゅ)とも云う。」との記述もありますので、日本と中国では、樹種が違うことが既に判っていたようです。


朝霞の漢方  昭和薬局  薬剤師  鈴木 覚
埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
TEL 048-473-7830  FAX 048-473-7332



このブログの中でひとつでもいいと思ったことがあれば
下のアイコンをクリックして応援していただけると嬉しいです。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村
アクセスランキング参加中
☆☆☆実際に応用する場合は、自己責任で☆☆☆

そうだ!健康相談に行こう
【昭和薬局】薬剤師  鈴木 覚
〒351-0035 埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
【電話】048-473-7830
【FAX】 048-473-7332
【昭和薬局ホームページ】http://www.saitamakanpo.com 埼玉漢方ドットコム
【昭和薬局ブログ】http://showayakyk.exblog.jp/

第232号 イナゴの天婦羅

今回は、薬用ではなく、食用の話題です。

先日、家族であるところに行きました。
そこで、イナゴの天婦羅をた食べさせてもらいました。

話をしているうちに、こんなことを言いました。
「イナゴは天婦羅にすると美味しいよ。」
「どういう風につくるんですか?」
「いやあ、佃煮を天婦羅にするんだよ。」
どうも、ぴんと来ないなという感じでいました。

そうしたら、奥さんが席を立ちました。
少しして、そのイナゴの天婦羅をお皿に入れて持ってきてくれました。
見ると、本当にイナゴの佃煮に衣をつけて、揚げてありました。
食べてみると、大変美味しく、へーこんな風にイナゴの天婦羅をしてもいいんだと、妙に感心しました。
もちろん、イナゴの天婦羅は、あっという間に食べてしまいました。

さて、その後で、面白いことに気がつきました。
Tvを見ていたら、その地方独特の天婦羅として、なんと饅頭の天婦羅というのがありました。
あ、これだ。と思いました。
饅頭をてんぷらにするのと、イナゴの佃煮を天婦羅にするのと同じような発想でしょう。

このブログの中でひとつでもいいと思ったことがあれば
下のアイコンをクリックして応援していただけると嬉しいです。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村
アクセスランキング参加中
☆☆☆実際に応用する場合は、自己責任で☆☆☆

そうだ!健康相談に行こう
【昭和薬局】薬剤師  鈴木 覚
〒351-0035 埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
【電話】048-473-7830
【FAX】 048-473-7332
【昭和薬局ホームページ】http://www.saitamakanpo.com 埼玉漢方ドットコム
【昭和薬局ブログ】http://showayakyk.exblog.jp/

第204号 ナンキンムシの薬用効果   「本草綱目拾遺」 その4

昔から、壁虱(へきしつ:ナンキンムシ)の名は知られていたが、
薬としては用いられていなかった。
「本草綱目」にも収載されていない。
近頃では治療にナンキンムシを用いているものがある。
故に、これを収録した。


これを見ると、この世には捨てるものが無いということだ。

気は生臭く、味は僅かに塩辛い。性は平。土に在るものは毒がある。
おおよそ、ナンキンムシを薬として用いる場合には、
温水中に入れ、臭気を出し尽くしてから、薬として用いる。

◎咽隔を治す 「集聴方」
壁虱十匹を用い、滴花、焼酒に浸して服す。

◎飯キ(食+喜)(ハンキ?)「百草鏡」にいう。
臭虫(シュウチュウ:南京虫の別名)を研いで塗る。

◎レン(月+廉)瘡臭爛(レンソウシュウラン:スネの両脇に出来たおできが、
臭く爛れたもの)  「西亭薬鏡」
臭虫を用い、水龍骨と一緒に搗きつぶして混ぜる。
ゴマ油を加えて患部に敷く。
すると黄い水が出、たちどころに治る。      

◎眼に生じた倫針(ものもらい) 
臭虫の血を点眼すれば、治る。
                   
◎「海上方」には、壁虫を用いて小児の驚風を治す方がある。
壁虫を、水中でさらして臭気を取り去り、焙って乾して薬とする。

◎庁を抜く 「楊氏経験法」  
臭虫を米飯と共につきまぜて庁の上に塗る。
能く立ちどころに庁の根を抜いて外に出す。

◎コ(魚+乎)魚の刺戮(?)「医宗彙編」       
凹谷ウイキョウの葉を、塩花焼酒と一緒について瘡上に糊でつける。
口が久しく爛れているようなのには、臭虫の頭を取り去って患部に敷く。



これで、「本草綱目拾遺」におけるナンキンムシの薬用は、終わりです。
以上のように、ナンキンムシの生態、薬効が述べられていますが、
                 あまり使いたくないですね。


このブログの中でひとつでもいいと思ったことがあれば
下のアイコンをクリックして応援していただけると嬉しいです。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村
アクセスランキング参加中
☆☆☆実際に応用する場合は、自己責任で☆☆☆

そうだ!健康相談に行こう
【昭和薬局】薬剤師  鈴木 覚
〒351-0035 埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
【電話】048-473-7830
【FAX】 048-473-7332
【昭和薬局ホームページ】http://www.saitamakanpo.com 埼玉漢方ドットコム
【昭和薬局ブログ】http://showayakyk.exblog.jp/

第203号 ナンキンムシの薬用効果   「本草綱目拾遺」 その3

また、こういうことも言われている。
この物には口に一二寸の白気があって、
人を噛むには、ムシロを隔てて肌に穴を開けて血を吸うのことが出来るので、
さがしても捕まえようがない。
ベッドや寝具につくと夜には集まって、明け方には散っていなくなってしまう。
大抵そのタグイ(醜類)は、人が寝付くのを待って血を吸う。

 古方にこれを避ける方法は大変多いが、一つも効験のあるものはない。
ただムシロの下に零陵の香草、及び樟脳をしくと、
少しだけだが、ややその勢をそぐげるだけで、
一日二日過ぎて、薬の効果が減ってくると、ナンキンムシの害がまたひどくなる。
ただ本物の楊州の安息香を用い、上に水銀朱を塗って衣にし、
それを床下で燃やして、周囲をムシロでかこんで覆い、
薫煙すれば、壁虱はことごとく死に、卵も死んで、子もまた生れないようになる。
しかし、如何にも香気が悪烈で、鼻につくと頭痛がする。
その後、一日二日はその家には寝られないので、他所で寝るしかない。
しかし貧しい家では、到底そんな金のかかることはできない。

ある古人の言葉に、南方の淫気は短狐を生むというが、
 この物もやはり淫湿、不潔の気の感ずる所から生れるもので、
 おおよそ何時も清潔にしている家には、この物はいることが珍しい。

福建の人は、この虫は沸騰した湯に浸けて殺した場合は、よく復活するが、
 冷たい水に浸して殺した場合は、よく復活しないという。

「山堂肆考」には、壁虱は身が平べったくて臭く、
  跳ぶことが出来ないが、善く人を噛む。
  名けてコウ虫(コウチュウ:コウは草冠の下に交)といい、また扁虱ともいうとある。
「五雑爼」には、壁虱を、福建の人は木虱といっているという。
  多くは、杉の木から生れる。
  これを治療するには、蕎麦の藁を焼いて水にといて、塗る。
  江南では、壁虱は、水中に多く生じ、ただ延すいだけは土中に生じる。
  土地にはすべてこれがいる。
  夜になると床にもぐりこみカーテンの中に入って人をさし、
   かまれた人は身体全体に瘡ができる。
  広大な建築物に移って、中空にハンモックを吊って寝ても、
   やはり空から飛んでくる、とある。
「事物紺珠」には、壁虱、別名を壁駝、大変小さく褐色で、臭くて、人を噛むとある。
「六書故」には、扁虱は、牛馬についてその血を吸う。
  コモ、ムシロの小さなスキマに産れ、やや小さい虫で、人の皮膚を咬む。
  俗に薦ヒ(センヒ)という。
  又、コウ虱(コウシツ:コウは草冠の下に交)ともいう。
  今の人は誤って壁大というとある。


このブログの中でひとつでもいいと思ったことがあれば
下のアイコンをクリックして応援していただけると嬉しいです。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村
アクセスランキング参加中
☆☆☆実際に応用する場合は、自己責任で☆☆☆

そうだ!健康相談に行こう
【昭和薬局】薬剤師  鈴木 覚
〒351-0035 埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
【電話】048-473-7830
【FAX】 048-473-7332
【昭和薬局ホームページ】http://www.saitamakanpo.com 埼玉漢方ドットコム
【昭和薬局ブログ】http://showayakyk.exblog.jp/
プロフィール

鈴木 覚

Author:鈴木 覚
埼玉県で薬局を開局しています。
漢方の勉強と趣味を兼ねて資料を集めている内、虫類にも面白い薬効があることに気がつきましたので2006年からブログをはじめ、今までご紹介してきました。
是非多くの方々に虫類の薬効を広く知っていただければ幸いです。
初めての方は【第1号】はじめに をご覧ください。

ご質問ありましたらtwitterにて。
ただし、虫に関する話題に限ります。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村

リンク
twitter
twitterはじめました! フォロー/リムーブお気軽にどうぞ
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。