スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このブログの中でひとつでもいいと思ったことがあれば
下のアイコンをクリックして応援していただけると嬉しいです。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村
アクセスランキング参加中
☆☆☆実際に応用する場合は、自己責任で☆☆☆

そうだ!健康相談に行こう
【昭和薬局】薬剤師  鈴木 覚
〒351-0035 埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
【電話】048-473-7830
【FAX】 048-473-7332
【昭和薬局ホームページ】http://www.saitamakanpo.com 埼玉漢方ドットコム
【昭和薬局ブログ】http://showayakyk.exblog.jp/

第151号 鼈甲煎丸(べっこうせんがん)その2。

ワラジムシは、現役の薬

日本唯一の薬用虫類サイト。薬剤師の語る、現代の「昆虫本草」「虫類本草」。

前回(第150回)は、「鼈甲煎丸(ベッコウセンガン)」を、原典から紹介しましたが、

今回は、現代における応用を紹介します。

「金匱方論与臨床」より、

臨床応用

1、肝臓脾臓の肥大

251例の患者を、鼈甲煎丸加減で血吸虫症を治療した。

体質虚弱と胃の弱い患者には、十全大補丸(ジュウゼンダイホガン)、

  香砂六君子丸(コウシャリックンシガン)、

  木香檳榔丸(モッコウビンロウガン)などを加えた。

服用法:1日2回、1回に10g。少しずつ増やして15gにする。

  総服用量が840~1080gに達すると、

  肝臓脾臓は、程度の差はあれ、軟化し縮小した。

  最低1カ月を、1治療行程とする。長い場合は45日。

  大部分の患者は、1治療行程で、治癒した。

出典:江西中医薬 1959;(6):6



2、50例の肝臓脾臓の腫大

肝臓の腫大に対しての有効率は50%、

  脾臓の腫大に対しての有効率は81%であった。

患者の全身症状および肝機能は、程度の差はあれ改善した。

服用法:1日に3回、1回に10~20g。食後お湯で服用する。

一般的には副作用は無かったが、

  悪心、食欲不振、めまい、精神不安定、腹部不快感がでた患者もいた。

その多くは、体質虚弱な患者であって、

  症状に応じて、香砂六君子湯、十全大補丸、

  又はその他の健胃消化剤を投与したところ、不快な症状はすぐに消失した。

出典:山東医刊  1960;(5):25



3、

急性脾臓腫大、または急性肝炎による肝臓腫大、

 および熱が下がらない場合に、本方の加減を湯剤にして投与した。

 解熱し、肝臓、脾臓を縮小する作用があった。

出典:遼寧中医雑誌  1980;(7):1



4、ガンの治療

上海腫瘤医院(ガン病院)で中医学と西洋医学を組み合わせ、

  鼈甲煎丸を肝ガンの治療に組み合わせた。

出典:上海市中西医結合成果展覧会資料選編  1974



以上のように、現在でも治療に応用研究がなされています。

これをみると、「鼈甲煎丸(ベッコウセンガン)」は、

  肝臓病の系統に効果があるようです。

つまり、ワラジムシも、現役の薬ということですね。
スポンサーサイト


このブログの中でひとつでもいいと思ったことがあれば
下のアイコンをクリックして応援していただけると嬉しいです。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村
アクセスランキング参加中
☆☆☆実際に応用する場合は、自己責任で☆☆☆

そうだ!健康相談に行こう
【昭和薬局】薬剤師  鈴木 覚
〒351-0035 埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
【電話】048-473-7830
【FAX】 048-473-7332
【昭和薬局ホームページ】http://www.saitamakanpo.com 埼玉漢方ドットコム
【昭和薬局ブログ】http://showayakyk.exblog.jp/

第150号 鼈甲煎丸(ベッコウセンガン)、ワラジムシ、ゴキブリ、ロバ、蜂の巣、フンコロガシ、亀の甲羅は、マラリアの薬


以前、漢方の古典である「金匱要略」に記載された

  「大黄しゃ虫丸」という処方を紹介しましたが、

  今回は、「鼈甲煎丸(ベッコウセンガン)」を紹介します。

どちらにも、シャ虫(さつまゴキブリ)が入っています。

「鼈甲煎丸(ベッコウセンガン)」には、ワラジムシが入っています。

ワラジムシの他に、ゴキブリ(しゃ虫)、ロバのニカワ、

ハチの巣、フンコロガシ(キョウロウ)、

そして薬の名前にあるようにカメの甲羅(鼈甲)と、

5種類の不思議な動物薬が入っています。

「金匱要略」は、後漢の張仲景の著した書で、

  「傷寒論」とともに、漢方でもっとも重要な古典の一つです。

瘧病(ギャクビョウ:おこりやまい)の項の最初に、

 「鼈甲煎丸(ベッコウセンガン)」が記載されています

(ギャクビョウ)とは、オコリヤマイのことです。

まずガクガクと悪寒がし、その後で発熱する、という病気です。

マラリアをふくみます。

☆病瘧以月一日発。當以十五日愈。

  設不差。当月盡解。如其不差。当云何。

師曰、此結爲チョウカ。名曰瘧母。急治之。宜鼈甲煎丸。

◎鼈甲煎丸方.鼈甲十二分(炙)、烏扇三分(燒)、

  黄ゴン三分、柴胡六分、鼠婦三分(熬)、乾薑三分、

  大黄三分、芍薬五分、桂枝三分。テイ歴一分(熬)、

  石韋三分(去毛)、厚朴三分、牡丹五分(去心)、

  瞿麦二分、紫イ三分、半夏一分、人参一分、

  シャ蟲五分(熬)、阿膠三分(炙)、蜂カ四分(炙)、赤硝十二分、

  キョウロウ六分(熬)、桃仁二分。

  右二十三味、爲末。

  取鍛竈下灰一斗、清酒一斛五斗、浸灰、候酒盡一半、

    著鼈甲於中、煮令泛爛如膠漆、絞取汁。

 内諸薬、煎為丸、如梧子大。空心服七丸。日三服。



先生、質問です。「瘧病(ギャクビョウ:おこりやまい)になった場合、

  十五日くらいで治ります。

  それで治らない場合であっても、1ヶ月たてば治ります。

  しかし、1ヶ月を過ぎても治らないことがあるのはなぜでしょうか?」

(張仲景)先生の答え。「その場合は、病気が固まってシコリとなったものです。

  これを瘧母(ギャクボ)といいます。これは急いで治すべきです。

  鼈甲煎丸(ベッコウセンガン)を用いると良いでしょう。」

◎鼈甲煎丸方:鼈甲(ベッコウ:亀の甲羅)十二分(炙)、烏扇(ウセン)三分(燒)、

  黄ゴン(オウゴン)三分、柴胡(サイコ)六分、鼠婦(ソフ:ワラジムシ)三分(熬)、

  乾薑(カンキョウ)三分、大黄(ダイオウ)三分、芍薬(シャクヤク)五分、

  桂枝(ケイシ)三分、テイ歴(テイレキ)一分(熬)、石韋(セキイ)三分(去毛)、

  厚朴(コウボク)三分、牡丹(ボタン)五分(去心)、瞿麦(クバク)二分、

  紫イ(シイ)三分、半夏(ハンゲ)一分、人参(ニンジン)一分、

  シャ蟲五分(熬)、阿膠(アキョウ)三分(炙)、蜂カ(ホウカ)四分(炙)、

  赤硝(セキショウ)十二分.キョウロウ六分(熬)、桃仁(トウニン)二分。

  以上の二十三昧を粉末にする。

  かまどの灰一斗を、清酒一斛(コク)五斗に漬ける。

  灰に酒がしみ込むのを待つ。

  その液に、亀の甲ラを入れて煮て、ニカワのようにする。

  それを絞って液を取り、他の薬を入れて煎じ、

  アオギリの実の大きさの丸剤とする。

  空腹時に七丸を一日三回服用する。



◎鼈甲はカメの甲羅で、煮出すとコラーゲンが出てきます。

  亀ぜりーを連想してください。

  亀ゼリーは、正しくは、亀の甲羅を煮出したものです。

◎ 鼠婦(ソフ:ワラジムシ):鼠婦に訓がワラジムシなので、

  ワラジムシとしましたが、ダンゴムシも鼠婦にはいるようです。

◎しゃ虫は、当ブログの読者にはおなじみの 薬用のサツマゴキブリです。

◎阿膠(アキョウ)は、ロバのニカワです。

◎蜂カ(ホウカ)は、スズメバチなどの巣です。今は、露蜂房ということが多いです。

◎キョウロウは、フンコロガシを含む甲虫類の成虫です。

  主に、各種のフンコロガシですが、

  カブトムシもキョウロウに入れることもあります。

実に面白い 処方です。

大黄しゃ虫丸は、現在も多くの出来上がった製剤があります。

  ネットで検索すると、ゾロゾロ出てきます。

しかし、鼈甲煎丸は、きわめて少なく、ないこともない様だ、

  と言う程度です。

あまり、ポピュラーではないようです。

このブログの中でひとつでもいいと思ったことがあれば
下のアイコンをクリックして応援していただけると嬉しいです。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村
アクセスランキング参加中
☆☆☆実際に応用する場合は、自己責任で☆☆☆

そうだ!健康相談に行こう
【昭和薬局】薬剤師  鈴木 覚
〒351-0035 埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
【電話】048-473-7830
【FAX】 048-473-7332
【昭和薬局ホームページ】http://www.saitamakanpo.com 埼玉漢方ドットコム
【昭和薬局ブログ】http://showayakyk.exblog.jp/

第76号 昆虫薬を含む製剤 

昆虫を含むスタンダードな製剤

現代の中国でも、昆虫薬を成分とした、製剤が販売されています。

ある程度、スタンダードな薬を収録した「中華人民共和国薬典」には、昆虫を成分とした製剤が、31種 記載されています。

「中華人民共和国薬典」は、日本の「日本薬局方」に相当します。

「薬局方(やっきょくほう)」とは、最も標準的な薬に関する品質規格書です。

医薬品や生薬が収載されている他、試験法や純度の基準、剤形などが記されています。

公的機関が定める公定書として法規制の下におかれています。

世界中の国家で、それぞれの「薬局方」が、定められています。

薬剤師の国家試験には、「薬局方」にある薬について、多く出題されます。

それで、私も、学生時代、ずいぶん昔になりますが、分厚い「日本薬局方」を、勉強させられました。

「中華人民共和国薬典」に、取り上げられていると言うことは、

繰り返しますが、スタンダードな薬だということです。



以下に、紹介します。

1.十香返生丸(僵蚕)

2.七珍丸(僵蚕)

3.大黄しゃ虫丸(虻虫、しゃ虫、セイソウ)

4.小児百寿丸(僵蚕)

5.小児至宝丸(僵蚕)

6.小児驚風散(僵蚕)

7.止痛紫金丸(しゃ虫)

8.化征回生片(虻虫)

9.牛黄抱竜片(僵蚕)

10.九黄鎮驚丸(僵蚕)

11.烏鶏白鳳丸(桑ヒョウ蛸)

12.馮了性風湿跌打薬洒(蚕砂)

13.再造丸(僵蚕)

14.鼈甲煎丸(しゃ虫、キョウロウ、露蜂房)

15.陽和解凝膏(僵蚕)

16.医癇丸(僵蚕)

17.阿魏化痞膏(キョウロウ)

18.抜雲退医丸(蝉蛻)

19.胡蜂洒(胡蜂)

20.活血止痛散(シャ虫)

21.跌打丸(シャ虫)

22.鵞掌瘋薬水(蝉鋭、ハンミョウ) 

23.舒筋活絡洒(蚕砂)

24.少林風湿跌打丸(しゃ虫)

25.中風回春片(しゃ虫。僵蚕)

26.平肝舒絡丸(僵蚕)

27.紅薬貼膏(しゃ虫)

28.抱竜丸(僵蚕)

29.利咽解毒顆粒(僵蚕)

30. 消根片(蝉蛻)

31.黄耆響丸(蝉蛻)



蝉蛻(センゼイ:せみの抜け殻。日本では蝉退センタイ、蝉脱センダツということが多い。)

虻虫(ボウチュウ:フタスジアブ)、

蚕砂(サンシャ:蚕の糞)

シャ虫(シャは、庶+虫)(シャチュウ:サツマゴキブリなど)

僵蚕(キョウサン:蚕の幼虫が、白僵菌ビャッキョウキンに感染して死んだもの)

キョウロウ(キョウは、虫+羌。ロウは、虫+郎)   

    (キョウロウ:フンコロガシの類、センチコガネなど、多種の甲虫の幼虫。 

    カブトムシの幼虫もキョウロウの一つ。キョウロウの訓には、くそむしとある。)

斑ミョウ(ハンミョウ:毒性が強い。マメハンミョウなど。)

桑ヒョウ蛸(ソウヒョウショウ:カマキリの卵、卵のう)

露蜂房(ろほうぼう:スズメバチの巣)

胡蜂(コホウ:スズメバチ)

このブログの中でひとつでもいいと思ったことがあれば
下のアイコンをクリックして応援していただけると嬉しいです。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村
アクセスランキング参加中
☆☆☆実際に応用する場合は、自己責任で☆☆☆

そうだ!健康相談に行こう
【昭和薬局】薬剤師  鈴木 覚
〒351-0035 埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
【電話】048-473-7830
【FAX】 048-473-7332
【昭和薬局ホームページ】http://www.saitamakanpo.com 埼玉漢方ドットコム
【昭和薬局ブログ】http://showayakyk.exblog.jp/

第31号 「動物本草」中の内科疾患での薬用昆虫リスト  その7

35.男性不妊症
丸剤  蛤蚧(ゴウカイ:大型ヤモリの一種)、
     草蜘蛛(Angelena labyrinthica Clarck)


36.遺精
煎じ ボレイ
散剤  桑ヒョウ蛸(ヒョウは、虫+票)
        (ソウヒョウショウ:カマキリのタマゴ、卵のう)
     蛤蜊粉(コウリフン:シオフキガイ等のカラを粉末にしたもの)、
     原蚕砂(ゲンサンシャ:蚕の糞)、
     青蝦(セイカ:手長エビ)Macrobrachium nipponensis,
     洋虫(ヨウチュウ:別名九竜虫、6月30日参照)
丸剤  原蚕蛾(ゲンサンガ:カイコの成虫)、
酒剤   冬虫夏草(トウチュウカソウ:虫の死体に、
キノコが はえてきたもので、種類は無限にある。)
敷臍  文蛤(ブンゴウ:ハマグリの一種)
敷穴  五倍子(ゴバイシ;一種の虫こぶ)

37.インポテンツ
煎じ 露蜂房(ロホウボウ:キボシアシナガバチ等の巣)。
    蟋蟀(シツシュツ:こおろぎ)、
    水蛭(スイテツ:ヒル)
散剤 青蝦、
    海蝦(Penaeus orientalis  Kishinouye)
    全蝎(ゼンカツ:さそり)、
    蟋蟀(シツシュツ:こおろぎ)、
    壁虎(ヘキコ:ヤモリ)、
    九香虫(キュウコウチュウ:カメムシの一種)、
丸剤  原蚕蛾(ゲンサンガ:カイコの成虫)、
     蟋蟀(シツシュツ:こおろぎ)、
カプセル 蜈蚣(ゴコウ:むかで)
食事療法 海蝦(コウライエビ)
酒剤 冬虫夏草(トウチュウカソウ:
       虫の死体に、キノコが はえてきたもので、種類は無限にある。)
   蛤蚧(ゴウカイ:大型ヤモリの一種)、
外用 露蜂房(ロホウボウ:キボシアシナガバチ等の巣)、

38.早泄
煎じ 龍蝦(いせえび)
散剤 冬虫夏草(トウチュウカソウ:虫の死体に、
         キノコが はえてきたもので、種類は無限にある。)
外洗  五倍子(ゴバイシ:虫こぶ)

39.便秘
散剤  キョウロウ(キョウは、虫+羌。ロウは、虫+郎)
(キョウロウ:センチコガネなど多種の甲虫を含む)


土蜂子 (スズメバチの一種 Discolia vittifrous の幼虫)
外敷   田螺
注射剤  海蛇

40.遺尿
煎じ   桑ヒョウ蛸(ヒョウは、虫+票)(ソウヒョウショウ:カマキリのタマゴ、卵のう)、
散剤   蟋蟀(シツシュツ:こおろぎ)、
      露蜂房(ロホウボウ:キボシアシナガバチ等の巣)、
      竜虱(リュウシツ:げんごろう)

41.ヒン尿
煎じ 竜虱(リュウシツ:げんごろう)、
    柞蚕蛹(サクサンヨウ:サクサンのサナギ)

42.寄生虫病
散剤  蛇脱、
     蚕蛹(サンヨウ:カイコのサナギ)、
     螻蛄(ロウク:おけら)、
     松樹上虫(不明)、
     青海沙蜥(セイカイシャセキ:トカゲの一種)
丸剤  水蛭(スイテツ:ヒル)
鮮用  蜂蜜
肛門に塗布 蛇脱(ジャダツ:蛇の抜け殻)

43.食中毒
蜆肉(ケンニク:しじみの肉)

44.毒物中毒
鮮用   蜂蜜


☆海蛇  Laticauda  smifasciata Reinwardt
    Pelamis  platurus  L.
    Lapemis  hardwickii  Gray
    Hydrophis cyanacinctus  Daudin
    など

後記:
これで、「動物本草」中の内科疾患での薬用虫類リストは、終わりです。
意外と時間がかかってしまいました。
原本は、簡体字ですので、それを日本漢字になおしました。
さらに、PCでは 文字化けするのには仮名にし、日本漢字で組み合わせれば、元の字が想像できそうなのは、注記しました。
また一部の生薬は、学名を表記し、日本名があれば表示すると言う作業には、時間がかかりました。

このブログの中でひとつでもいいと思ったことがあれば
下のアイコンをクリックして応援していただけると嬉しいです。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村
アクセスランキング参加中
☆☆☆実際に応用する場合は、自己責任で☆☆☆

そうだ!健康相談に行こう
【昭和薬局】薬剤師  鈴木 覚
〒351-0035 埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
【電話】048-473-7830
【FAX】 048-473-7332
【昭和薬局ホームページ】http://www.saitamakanpo.com 埼玉漢方ドットコム
【昭和薬局ブログ】http://showayakyk.exblog.jp/

第27号 「動物本草」中の内科疾患での薬用昆虫リスト  その6

内科疾患の部分の虫類:その6

33.リウマチ
煎じ 田螺殻、
   海ケイ(ケイは、虫+奎(カイケイ:海蛇の一種)
散剤 全蝎(ゼンカツ:さそり)
   バ蟻(バは、虫+馬)(バギ。マイ。アリのこと)
   セイソウ(セイは、虫+斉。ソウは、虫+曹)(セイソウ:コガネムシなどの幼虫)
   脆蛇蜥(ゼイダセキ)
丸剤 バ蟻(バは、虫+馬)(バギ。マイ。アリのこと)
カプセル バ蟻(バは虫+馬)(バギ。マイ。アリのこと)
酒剤  百花錦蛇、
    滑鼠蛇、
    全蝎(ゼンカツ:さそり)、
    バ蟻(バは、虫+馬)(バギ。マイ。アリのこと)、
    冬虫夏草(トウチュウカソウ:虫の死体に、
         キノコが はえてきたもので、種類は無限にある。)
   花姫蛙、(ハナヒメアマガエル。日本になし。)
   シャ虫(シャは、庶+虫)(シャチュウ:サツマゴキブリなど)、
   脆蛇蜥(ゼイダセキ:  足のないトカゲ。つまり、一見 蛇。)
   蛇形短体鰻 (タツウミヘ,蛇となっているが、鰻の仲間)
内服液 ローヤルゼリー
薬蛋 蜈蚣(ゴコウ:むかで)、

34.類リウマチ関節炎
煎じ  烏梢蛇、
    九香虫(キュウコウチュウ:カメムシの一種)、
散剤  百花蛇、
    バ蟻(バは虫+馬)(バギ。マイ。アリのこと)、
    地竜(ジリュウ:蚯蚓ミミズのこと)
丸剤  バ蟻(バは虫+馬)(バギ。マイ。アリのこと)
カプセル バ蟻(バは虫+馬)(バギ。マイ。アリのこと)
    蜈蚣
錠剤  眼鏡蛇
食事療法 海蛇
酒剤 蝮蛇(フクダ:まむし)
   赤鏈レン蛇(レンは、金+連)(セキレンダ:あかまだら)
   海蛇、
   蜜蜂房(ミツバチの巣)
鮮用 海ケイ血(ケイは、虫+奎。音kui)(カイケイケツ:海蛇の血)、
内服液   バ蟻(バは虫+馬)(バギ。マイ。アリのこと)


百花蛇  五歩蛇 Agkistrodon  acutus  Gunther   u umlaut
      銀環蛇 Bungarus  multicnctus  Blyth   の2種をあわせて言う。

烏梢蛇  Zaocys dhumnades Cantor
海蛇  Laticauda  smifasciata Reinwardt
    Pelamis  platurus  L.
    Lapemis  hardwickii  Gray
    Hydrophis cyanacinctus  Daudin
    など
眼鏡蛇  Naja  naja  L.
百花錦蛇  Elaphe moellendorffi Boetteger
海ケイ(ケイは、虫+奎。音kui) 海蛇 Praescutata  viperina  Schmidt
 
漁游蛇  Natrix   piscator  Schneider
滑鼠蛇  Rtyas  mucosus  L.
三索錦蛇  Elaphe  radiata  Schlegel
金環蛇  Bungarus fasciatus Schneider
蟒蛇  Python  molurus  bivittatus  Schlegel

黄梢蛇  Ptyas korros   Schlegel
虎斑游蛇  Natrix tigrina lateralis Berthold
竹葉青 Trimeresurus  stejnegeri Schmidt
    Trimeresurus  albolabris Gray
    Trimeresurus monticola Gunther    u umlaut
赤レン蛇(レンは、金+連) Dinodon rufozonatum Cantor
以上は、へびの類

花姫蛙 Microhyla pulchra Hallowell、
脆蛇蜥(ゼイダセキ) Ophisaurus harti Boulenger
蛇形短体鰻   Brachysomophis crocodilinus Bennett

このブログの中でひとつでもいいと思ったことがあれば
下のアイコンをクリックして応援していただけると嬉しいです。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村
アクセスランキング参加中
☆☆☆実際に応用する場合は、自己責任で☆☆☆

そうだ!健康相談に行こう
【昭和薬局】薬剤師  鈴木 覚
〒351-0035 埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
【電話】048-473-7830
【FAX】 048-473-7332
【昭和薬局ホームページ】http://www.saitamakanpo.com 埼玉漢方ドットコム
【昭和薬局ブログ】http://showayakyk.exblog.jp/
プロフィール

鈴木 覚

Author:鈴木 覚
埼玉県で薬局を開局しています。
漢方の勉強と趣味を兼ねて資料を集めている内、虫類にも面白い薬効があることに気がつきましたので2006年からブログをはじめ、今までご紹介してきました。
是非多くの方々に虫類の薬効を広く知っていただければ幸いです。
初めての方は【第1号】はじめに をご覧ください。

ご質問ありましたらtwitterにて。
ただし、虫に関する話題に限ります。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村

リンク
twitter
twitterはじめました! フォロー/リムーブお気軽にどうぞ
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。