スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このブログの中でひとつでもいいと思ったことがあれば
下のアイコンをクリックして応援していただけると嬉しいです。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村
アクセスランキング参加中
☆☆☆実際に応用する場合は、自己責任で☆☆☆

そうだ!健康相談に行こう
【昭和薬局】薬剤師  鈴木 覚
〒351-0035 埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
【電話】048-473-7830
【FAX】 048-473-7332
【昭和薬局ホームページ】http://www.saitamakanpo.com 埼玉漢方ドットコム
【昭和薬局ブログ】http://showayakyk.exblog.jp/

第24号 ヤママユ(天蚕蛾)の薬用効果。

ヤママユの薬用効果について、
「薬用昆虫の文化誌」渡辺武雄先生著(東京書籍)に、
記載されていたので、中国語の文献を調べてみました。

ところが、出てきません。
中国語では、ヤママユを、天蚕、山蚕とも言い、
日本とほぼ同じです。
Web上でも、糸を取るための経済昆虫としては出てきますが、
   薬として用いられてはいないようです。
してみると、ヤママユを薬用とするのは、日本独特のようです。

日本での民間療法を、
「薬用昆虫の文化誌」より紹介します。

接骨:繭を黒焼きにし、
   ヤマノイモをすりつぶして練り合わせたものは接骨に効果があり、
   患部にこれを塗り、その上を柳の柔らかい枝で巻く。
百日咳:サナギと繭を黒焼きにして内服する。
湿疹:サナギと繭を黒焼きにして、胡麻油で練って合わせる。
癰疔(ヨウチョウ):サナギと繭。(用法は、記載なし。)
小児の疳:幼虫、サナギ、成虫を焼いて食べる。
小児の解熱:幼虫を煎じて飲ませる。

さて、なぜ中国では、薬用とされなかったのかを、考察してみました。
◎蚕の方が、手に入り易い。
◎中国でも天蚕蛾を使ったみた人々はいたでしょうが、
   蚕の方が、薬用効果が高い。
◎白きょう蠶(ビャッキョウサン:蚕の幼虫が白キョウ菌に感染して死んだもの)の、
   効果が特に優れているので、天蚕蛾を使う必要がない。
◎日本での薬用は、主に黒焼きであり、
   黒焼きは日本で独自の発展をした。

といったようなことから、
中国ではヤママユが薬用とされず、
  日本では薬用とされた、と 推定します。
スポンサーサイト


このブログの中でひとつでもいいと思ったことがあれば
下のアイコンをクリックして応援していただけると嬉しいです。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村
アクセスランキング参加中
☆☆☆実際に応用する場合は、自己責任で☆☆☆

そうだ!健康相談に行こう
【昭和薬局】薬剤師  鈴木 覚
〒351-0035 埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
【電話】048-473-7830
【FAX】 048-473-7332
【昭和薬局ホームページ】http://www.saitamakanpo.com 埼玉漢方ドットコム
【昭和薬局ブログ】http://showayakyk.exblog.jp/

第23号 「動物本草」中の内科疾患での薬用昆虫リスト  その4

内科疾患の部分の虫類:その4

15.急性腎炎
煎じ 蝉蛻(センゼイ:せみの抜け殻。
      日本では蝉脱センダツということが多い。)、
   螻蛄(ロウク:おけら)、
   虻虫(ボウチュウ:フタスジアブ)、
   虫笋(チュウジュン:笹の一種の虫こぶ)、
   喜山りょう蜥(キザンリョウセキ:トカゲの一種。
       Agama  himalayana  Steindachner
       喜山とは、ヒマラヤ(喜馬垃雅)のこと。
       学名にも、Himalaya とある。)
散剤 蟾蜍(せんじょ:シナヒキガエル)、
   蟋蟀(シツシュツ:こおろぎ)、
   水蛭(スイテツ:ヒル)、
   喜山りょう蜥(キザンリョウセキ:トカゲの一種)
食事療法 蛞蝓(カツユ:なめくじ)、
内服液  地竜(ジリュウ:蚯蚓ミミズのこと)
薬蛋   蜈蚣(ゴコウ:むかで)

16.再生不良性貧血
煎じ  蛤蜊(コウリ:シオフキガイ等)蛤蜊、
散剤   蝌蚪(カト:おたまじゃくし)(゜゜)~
鮮用  蜂蜜
注射剤 蟾酥(センソ:シナヒキガエルの耳下腺分泌物)

17.血小板減少性紫瘢
散剤 蛤蜊粉(コウリフン:シオフキガイ等のカラを粉末にしたもの)、
鮮用  蟾蜍(せんじょ:シナヒキガエル)、

18.白血球減少症
錠剤  蚕砂(サンシャ:蚕の糞)

19.高血圧
煎じ   海テツ(かいてつ:くらげ、水母)
散剤   地コ牛(コは、牛+古)(ジコギュウ:蟻地獄アリジゴク)
食事療法 変蛋(ピータン:アヒルの卵を加工した物)
チンキ剤 蜂コウ(コウは。月+交)(ホウコウ:プロポリス)
鮮用   蜂蜜
注射剤  蜂毒、
     地竜

20.冠心病
煎じ  シャ虫(シャは、庶+虫)(シャチュウ:サツマゴキブリなど)、
    虻、
錠剤  蟾蜍(せんじょ:シナヒキガエル)、
    水蛭(スイテツ:ヒル)
注射剤 蛇毒

21風湿性心臓病
煎じ    烏梢蛇(ウショウダ:黒い蛇、からす蛇)
カプセル  蝮蛇(ふくだ:マムシ)

22.高脂血症
散剤  水蛭(スイテツ:ヒル)、白殭蠶
丸剤  蚕蛹(さんよう:蚕のサナギ)
錠剤  プロポリス、
    キョウ蛹(キョウヨウ:蚕のさなぎを、
       白殭菌ビャッキョウキンに感染させたもので、
       最近開発された。)

注射液 蛇毒

23.心筋梗塞
錠剤 水蛭(スイテツ:ヒル)
注射剤 蛇毒

24.中風の後遺症
煎じ   キョウ蠶(キョウサン:蚕の幼虫が、
         白殭菌ビャッキョウキンに感染して死んだもの)
散剤   百花蛇(ヒャッカダ)
     蜈蚣(ゴコウ:むかで)
     全蝎(ゼンカツ:さそり)、
     河蟹(Eriocheir  sinensis  H.Miline-Edwards:
          モズクガニの一種。いわゆる、上海ガニ。)
     螻蛄(ロウク:おけら)、
     洋虫(ヨウチュウ:別名九竜虫、6月30日参照)、
     地コ牛(コは、牛+古)(ジコギュウ:蟻地獄アリジゴク)、
丸剤  水蛭(スイテツ:ヒル)、
    蛞蝓(カツユ:なめくじ)、
酒剤   眼鏡蛇、
     蟒蛇(もうだ、ぼうだ)、
     海蛇、
     百花錦蛇、
     灰鼠蛇
チンキ剤 地竜
内服液  水蛭(スイテツ:ヒル)、
外熨   蚕砂(サンシャ:蚕の糞)
注射剤  蛇毒

以下に蛇類の学名を記します。
百花蛇  五歩蛇 Agkistrodon  acutus  Gunther(uは、ウムラウト)と、   
      銀環蛇 Bungarus  multicinctus  Blyth の2つをあわせて百花蛇。
烏梢蛇  Zaocys dhumnades Cantor
海蛇   Laticauda  smifasciata Reinwardt
     Pelamis  platurus  L.
     Lapemis  hardwickii  Gray
     Hydrophis cyanacinctus  Daudin
      など
眼鏡蛇   Naja  naja  L.
百花錦蛇  Elaphe moellendorffi Boetteger
滑鼠蛇   Rtyas  mucosus  L.

このブログの中でひとつでもいいと思ったことがあれば
下のアイコンをクリックして応援していただけると嬉しいです。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村
アクセスランキング参加中
☆☆☆実際に応用する場合は、自己責任で☆☆☆

そうだ!健康相談に行こう
【昭和薬局】薬剤師  鈴木 覚
〒351-0035 埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
【電話】048-473-7830
【FAX】 048-473-7332
【昭和薬局ホームページ】http://www.saitamakanpo.com 埼玉漢方ドットコム
【昭和薬局ブログ】http://showayakyk.exblog.jp/

第22号 「スズメバチ」は、リウマチの特効薬

胡蜂というのは、「スズメバチ」の事です。
スズメバチの巣は露蜂房といい、
昆虫薬としては、比較的多く使われています。
しかし、スズメバチの成虫そのものは、
薬としては、ほとんど使われていません。

スズメバチの成虫が、リウマチによく効くと、
「テン人天衍(てんじんてんえん)」(テンは、サンズイ+眞)(雲南人民出版社)に記載されています。

雲南省瑞麗市人民医院の元院長であるジンポー族の梅干先生は、
先祖伝来の「胡蜂酒」で、
リウマチの治療を行い、遠近に有名でした。
患者は全国各地からだけではなく、
ビルマからも患者が、治療を受けにきていました。
この「胡蜂酒」が、
1970年代に、「中華人民共和国薬典」に、収載されました。

「胡蜂酒(コホウシュ)」
新鮮な胡蜂(スズメバチ)100gを、60度の白酒1,000mlに15日間つける。
その後、濾過する。
という、実に簡単な方法です。
用法:1日2回、1回に15~25ml服用する。

さて、この「胡蜂酒」が、
効くか効かないかの問題ですが、
多分かなり効くのではないかとおもいます。

しかし、「胡蜂酒」についての記載は、
手元にある動物薬、昆虫薬関係の書籍に煮は見当たらず、
ネットで「胡蜂酒」について検索して見ても、ほとんど出てきません。

たぶん、こういう事情だとおもいます。
昆虫薬は、中国でも一般的ではありません。
漢方薬そのものも、
都市部のインテリには、あまり信用されていません。
中国のトップクラスの医学部を出た女性(中国の西洋医)が、
「本草綱目」を、見たこともなければ、触ったこともない
(知識としては、本草綱目の存在は知ってはいますが)と、
言っていました。
また、中国人と話しても、
漢方薬の知識が、ないだけではなく、
あまり漢方薬を信用していません。
また、「中華人民共和国薬典」に記載されたといっても、
簡単に信用されないでしょう。

「胡蜂酒」の収載は、
少数民族に対する中央政府のサービスであって、
効き目が確かで収載されたのではない、
と多くの人には解釈されている可能性があります。
そして、辺境の、
少数民族の奇妙な(エキゾチックな)治療法という、
位置付けでしょう。
中国には多くの少数民族がいますが、
ジンポー族は、人口10万人位と、きわめて少数派です。

しかし、私は、この「胡蜂酒」は、
関節炎、リウマチその他に、何か効きそうな気がします。
というのは、胡蜂=スズメバチとそっくりな形をした昆虫、
つまりアリには、間違いなく、多くの薬効があります。
手元には、「B型肝炎ma蟻療法」(maは、虫+馬)
(金盾出版社、2005年、96千字:呉志成 主編)という、
一冊の本があります。
題名から推察される通り、
B型肝炎には、アリが有効であるというのが、この本の主題です。
肝炎のみならず、アリの薬効については、
昔から今に至るまで、多くの書籍に記載されています。

スズメバチは、体の大きさに比べて、
抜群の運動能力、飛翔能力があります。
また、猛烈な攻撃能力があります。
もし、スズメバチが猫ほどの大きさだったら、
地上で最も強く、どう猛な生き物となるでしょう。
そんなわけで、スズメバチには、
とてつもない薬用価値があるのではないかと、推定します。

さて、この胡蜂の正確な種類ですが、
残念ながら判りません。
「テン人天衍(てんじんてんえん)」には、
胡蜂(スズメバチ)とあるだけで、学名も記されていません。

「虫を食べる人びと」(三橋淳先生編著)には、
中国の南西部はスズメバチの種類が多く、
四属22種もいると記されています。

そのうちのどれであるかは、判りません。
しかし、どれでも利きそうな気がします。
というのは、蟻は種類を問わず、薬効があるようですから、
スズメバチも種類を問わず薬効があるのではないかと、推定します。

これを読んで、
それじゃあ、スズメバチを捕まえて、
「胡蜂酒」を作ってみようかなと思う方がいるかもしれませんね。
しかし、オススメできません。

第一に、スズメバチを捕まえるのは危険です。
また、相当量が必要です。
1,000mlのビンに、スズメバチ1匹などという量では、効きません。
薬が薬として効くには、一定以上の量、濃度が必要です。
新鮮な胡蜂(スズメバチ)100gを集めるのは、
通常の方法では、危険かつ不可能でしょう。
また、60度の酒が手にはいらないでしょうね。

このブログの中でひとつでもいいと思ったことがあれば
下のアイコンをクリックして応援していただけると嬉しいです。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村
アクセスランキング参加中
☆☆☆実際に応用する場合は、自己責任で☆☆☆

そうだ!健康相談に行こう
【昭和薬局】薬剤師  鈴木 覚
〒351-0035 埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
【電話】048-473-7830
【FAX】 048-473-7332
【昭和薬局ホームページ】http://www.saitamakanpo.com 埼玉漢方ドットコム
【昭和薬局ブログ】http://showayakyk.exblog.jp/

第21号 「動物本草」中の内科疾患での薬用昆虫リスト  その3

内科疾患の部分の虫類:その3

10.肝硬変
煎じ 水蛭(スイテツ:ヒル)、
    洋虫(ヨウチュウ:別名九竜虫、6月30日参照)
丸剤 シャ虫(シャは、庶+虫)(シャチュウ:サツマゴキブリなど)
錠剤 水蛭(スイテツ:ヒル)、

11.肝硬変による腹水
煎じ  哈士蟆(ハシモ:アカガエルの仲間)
散剤 蟾蜍(せんじょ:シナヒキガエル)、
    蟋蟀(シツシュツ:こおろぎ)、
    青蛙(セイア:トノサマガエルなど)、
    螻蛄(ロウク:おけら)、
    キョウ螂(キョウロウ。キョウは、虫+羌。ロウは、虫+郎)
         (キョウロウ:センチコガネなど多種の甲虫を含む)
    ショウ螂(ショウは、虫+章)(ショウロウ:ゴキブリ、いわゆる一般的な)
    鼠婦(ソフ:ワラジムシ)
カプセル 斑ミョウ(ハンミョウ:毒性が強い)
      蟋蟀(シツシュツ:こおろぎ)
搗き汁  螻蛄(ロウク:おけら)

12.泌尿系感染
散剤 原蚕子(ゲンサンシ:蚕のタマゴ)、
    地コ牛(コは、牛+古)(ジコギュウ:蟻地獄アリジゴク)、
    原蚕蛾(ゲンサンガ:蚕の成虫)
敷穴 蝸牛(カギュウ:かたつむり)

13.前立腺炎
煎じ 水蛭(スイテツ:ヒル)、
    虻虫(ボウチュウ:フタスジアブ)、
    蝉蛻(センゼイ:せみの抜け殻。
        日本では蝉脱センダツということが多い。)
散剤  洋虫(ヨウチュウ:別名九竜虫、6月30日参照)
散剤  キョウ螂(キョウロウ。キョウは、虫+羌。ロウは、虫+郎)
     (キョウロウ:センチコガネなど多種の甲虫を含む)


14.前立腺肥大
煎じ 螻蛄(ロウク:おけら)、
    鼠婦(ソフ:ワラジムシ)
    蜥蜴(セキエキ:トカゲ)
    蛤蜊(コウリ:シオフキガイ等)
散剤 蟋蟀(シツシュツ:こおろぎ)、
    螻蛄(ロウク:おけら)、
    カクカウ(カクは、虫+國、同字二字)(カクカク:キリギリスの一種)
    洋虫(ヨウチュウ:別名九竜虫、6月30日参照)、
    石蚕(セキサン: ツマグロトビケラ)
    蛤蜊粉(コウリフン:シオフキガイ等のカラを粉末にしたもの)、

食事療法 蜆肉(ケンニク:しじみの肉)、
敷穴 螻蛄(ロウク:おけら)、
    蝸牛(カギュウ:かたつむり)

このブログの中でひとつでもいいと思ったことがあれば
下のアイコンをクリックして応援していただけると嬉しいです。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村
アクセスランキング参加中
☆☆☆実際に応用する場合は、自己責任で☆☆☆

そうだ!健康相談に行こう
【昭和薬局】薬剤師  鈴木 覚
〒351-0035 埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
【電話】048-473-7830
【FAX】 048-473-7332
【昭和薬局ホームページ】http://www.saitamakanpo.com 埼玉漢方ドットコム
【昭和薬局ブログ】http://showayakyk.exblog.jp/

第20号 シャックリ、胃の痛みには、アゲハの幼虫が効く!

黄アゲハの幼虫は、胃痛の薬

アゲハチョウ科の黄アゲハの幼虫を、生薬名としては、
茴香虫(ういきょうちゅう)といいます。
なるほど、アゲハの幼虫をつつくと、
臭い匂いをだしますが、
茴香(ういきょう)のニオイに、似ていますね。
茴香は、フェンネルfennelで、
中華料理、インド料理などで使われるスパイスです。
  (写真は、ナミアゲハの幼虫です念のため)

「虫類本草」(中国医薬科学技術出版社)には、
以下のように書かれています。
「本草衍義(ほんぞうえんぎ)」に初出
効能効果:胃痛、シャックリ、小腸疝気(センキ:痛み)
用法用量:夏、秋に捕まえ、酒に入れて殺し、
弱火で加熱し乾燥させる。
1~3匹を煎じて服用する。
または、散剤に入れる。

う~ん!あの臭いを嗅ぐだけで、
しゃっくりが止まりそうだな、
という感じがしますね。

「動物本草」(中医古籍出版社)によれば、
長春市医院では、「胡蝶素(コチョウソ)」という 
複方スプレー剤を研究製造した。
咽喉炎、気管支炎、結腸炎に対して有効であるという。
また、ある種の炎症に対して、
プレドニゾロン(副腎皮質ホルモン)と同程度の強さの効き目があったという。
また、「動物本草」中には、
いくつかの処方が記載されていますが、
そのうちの一つを紹介します。
「胃の痛み」に
茴香虫(ういきょうちゅう)1g、
丁香(チョウコウ)5g、
仏手(ブッシュ)15g
下の2つ(丁香と仏手)を煎じて、その煎じ液で茴香虫粉を服用する。
出典:「中国動物薬」吉林人民出版社

さて、黄アゲハ以外の
   アゲハチョウ類の幼虫の薬効はどうかというと、見当りません。

ところで、茴香虫を含む 蝶や蛾の幼虫を使った、
   こんな面白い療法が、日本にあります。

「よく効く民間薬」(マキノ出版。村上光太郎先生著)には、
   イモムシ(この場合、蝶や蛾の幼虫)がヒョウソを治すとあります。
若い人には、ヒョウソという言葉がよくわからないでしょう。
早いうちなら、抗生物質で治ってしまいますからね。
今は、昔に比べて大変少なくなっています。
手足の指先の化膿性の炎症をヒョウソと言います。
少しほっておくと、ズキズキと猛烈に痛みます。
そうなると、もうお手上げで、
   外科に行って、患部を切開して、
   膿をとってもらわなくては治りません。

それが、イモムシで簡単に治るとのことです。
東京郊外の伝統療法です。
用法はというと、大きなイモムシを捕まえます。
その体の一端を切り、内蔵を取り出します。
袋状になったイモムシの皮を、患部の指にかぶせる、
という実に簡単な治療法です。
よく効くようです。

この方法は、よく効きそうです。
また、おそらく無害(アレルギー体質の人は別として)でしょうから、
   イザと言う時、試しても良いかも知れませんね。
ただし、自己責任で。


写真は、ナミアゲハの幼虫です。
茴香虫の幼虫ではありませんが、
   形は同じような物なのでのせました。
ヒョウソには使えそうですが。

実は、うちのペット?です。
といっても、ひそかに、アゲハチョウを増やそうと、
店の後ろの植木鉢に、ミカンの木を植えてあるだけです。
毎年、アゲハチョウが飛んできて、卵を生んで行った子の一匹です。
まあ、うちの子だと思って、見ているだけですが。

テーマ : 面白いもの発見
ジャンル : ニュース



このブログの中でひとつでもいいと思ったことがあれば
下のアイコンをクリックして応援していただけると嬉しいです。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村
アクセスランキング参加中
☆☆☆実際に応用する場合は、自己責任で☆☆☆

そうだ!健康相談に行こう
【昭和薬局】薬剤師  鈴木 覚
〒351-0035 埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
【電話】048-473-7830
【FAX】 048-473-7332
【昭和薬局ホームページ】http://www.saitamakanpo.com 埼玉漢方ドットコム
【昭和薬局ブログ】http://showayakyk.exblog.jp/
プロフィール

鈴木 覚

Author:鈴木 覚
埼玉県で薬局を開局しています。
漢方の勉強と趣味を兼ねて資料を集めている内、虫類にも面白い薬効があることに気がつきましたので2006年からブログをはじめ、今までご紹介してきました。
是非多くの方々に虫類の薬効を広く知っていただければ幸いです。
初めての方は【第1号】はじめに をご覧ください。

ご質問ありましたらtwitterにて。
ただし、虫に関する話題に限ります。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村

リンク
twitter
twitterはじめました! フォロー/リムーブお気軽にどうぞ
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。