スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このブログの中でひとつでもいいと思ったことがあれば
下のアイコンをクリックして応援していただけると嬉しいです。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村
アクセスランキング参加中
☆☆☆実際に応用する場合は、自己責任で☆☆☆

そうだ!健康相談に行こう
【昭和薬局】薬剤師  鈴木 覚
〒351-0035 埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
【電話】048-473-7830
【FAX】 048-473-7332
【昭和薬局ホームページ】http://www.saitamakanpo.com 埼玉漢方ドットコム
【昭和薬局ブログ】http://showayakyk.exblog.jp/

第111号 カマキリの薬効 その1

カマキリはとげ抜きの薬

カマキリについては、その卵、卵嚢が主に薬用にされています。

中国の文献では、主に卵(ソウヒョウショウ)に関してが多く、

  成虫の薬効については多くはありません。

しかし、面白いことに、昔の日本では、主に成虫が薬用とされたようです。

「薬虫薬畜の効用と療法」啓文社、昭和31年、酒井則天先生著 には、

カマキリの成虫の薬用について述べられています。

◎とげ抜き:カマキリの腸を取り去って、すりつぶし、それを局部につけると、刺がぬける。

◎ネズミの噛み傷:生きているカマキリをすりつぶし、小麦粉で練って幹部につけると、

   ネズミの噛み傷がなおる。

◎頻尿:カマキリをすりつぶして糊で練り、下腹に貼ると、小便の近いのが治る。

◎心臓衰弱:カマキリを乾かしておき、煎じて服用すると、心臓衰弱によいとのこと

◎とげ抜き:カマキリの黒焼き末を甘草と飯粒で練り、幹部につけると、とげが抜ける。

◎創傷:カマキリの黒焼き末を振りかけると、創傷がなおる。

◎胎毒:カマキリの黒焼き末を飯粒で練って頭に貼ると、胎毒が治る。

◎カマキリの黒焼き末を1回に小匙2杯ずつ、1日に3回毎食間に湯で飲むと、

   しびれ脚気、ゼンソク、熱病、淋病、産後の出血、とげ抜き等に有効である。

◎脚気:特に茶色のカマキリを黒焼きにし、その粉末を飯粒でねり、

     それを足の裏につけると、脚気に効果がある。

     この時、この黒焼き末を小匙で1杯ずつ1日に3回飲むと、一層効果がある。

◎腎炎等:茶色のカマキリの黒焼き末と麦飯とを練り合わせて、下腹と足の裏とに貼ると、

       腎臓炎、閉尿、尿毒症などによく効く。

◎腎臓炎:カマキリ20匹、水2合、砂糖少量。以上の3品を1時間煎じて、

       お茶の代わりに飲用すると、腎臓炎に効果がある。



さて、「よく効く民間薬」マキノ出版、平成10年 村上光太郎先生著 にも、

   カマキリが取り上げられています。

成虫の用法、薬効については、上記の「薬虫薬畜の効用と療法」の内容とほぼ同じです。

しかし、全国各地での、薬効についての記載がありますので、引用します。

カマキリの成虫

脚気:三重県、京都府、奈良県、愛知県、静岡県、島根県、岡山県、高知県、大分県

足の痛み:愛知県肺結核:三重県、岡山県、徳島県

解熱:和歌山県、奈良県、山形県、島根県、岡山県、大分県、宮崎県

子供の疳の虫:京都府、長野県、和歌山県、新潟県

子供の寝小便:新潟県肋膜炎:徳島県

目の病気:奈良県

脳の病気:大分県

ひょうそ:愛知県

風邪:島根県

痔:岡山県

切り傷:京都府、山口県、高知県

打撲傷:奈良県

リウマチ:奈良県

とげ抜き:長野県、新潟県

腫れ物:島根県、岡山県、和歌山県



成虫の頭

とげ抜き:栃木県、千葉県

肩凝り:千葉県

ただれ:千葉県



幼虫

疳の虫:長野県

幼虫(カマキリの子)については、以下のようなことが述べられています。

◎カマキリの子を遠火で炙り、米を煎じた湯(重湯)で服用すると、遺尿(尿失禁、尿漏れ、夜尿症)がなおる。

*これは、ソウヒョウショウ(カマキリの卵)の薬効と同じです。

生まれてすぐのカマキリの子は、生まれる前の卵と同じで効能であることは、面白いことです。

*写真は、去年、うちの店のタバコの自販機にいたカマキリ。


スポンサーサイト


このブログの中でひとつでもいいと思ったことがあれば
下のアイコンをクリックして応援していただけると嬉しいです。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村
アクセスランキング参加中
☆☆☆実際に応用する場合は、自己責任で☆☆☆

そうだ!健康相談に行こう
【昭和薬局】薬剤師  鈴木 覚
〒351-0035 埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
【電話】048-473-7830
【FAX】 048-473-7332
【昭和薬局ホームページ】http://www.saitamakanpo.com 埼玉漢方ドットコム
【昭和薬局ブログ】http://showayakyk.exblog.jp/

第110号 抗癌治癌類の虫類薬 その3



抗がん作用のある虫類薬 その3

今回で抗癌治癌類の虫類薬は終わりです。

11.キョウロウ(1種類ではなく、フンコロガシの類。キョウロウの訓には、クソムシとある。)

    (キョウは虫+姜、ロウは虫+郎)

加味キョウロウ散。

加味通幽湯。

螻キョウ散。

化オ去痰キョウロウ湯。

キョウロウ散。

三虫抗癌散(サンチュウコウガンサン:3種類の虫類薬を用いて粉薬と解釈できる。)。

七虫抗癌散(上記と同様7種類)。

キョウロウ飲。

キョウロウ膏。

キョウ氷散。

阿魏化痞膏。

鼈甲煎丸(ベッコウセンガン。2000年位昔からある処方です。)。

キョウロウ両草湯。

キョウロウ麦面膏。

加味キョウロウ膏。

キョウロウ猪脂膏。

蜜制キョウロウ膏。

キョウロウ唾液膏。

キョウロウ焼炭散。

キョウ棗方。

加味キョウ蜈丸。

キョウ蒼抗癌湯。

12.ショウ螂(ショウロウ。ショウは虫+章)(ショウロウは、普通のゴキブリ)

ショウロウ抗癌散。

加味ショウロウ抗癌散。

複方ショウロウ合剤。

ショウロウ酥方(ショウロウソホウ:ゴキブリとガマの油=センソ、を合わせた処方。)。

ショウロウ膏。

13.玉足海参(ギョクソクカイサン。ナマコの一種)

玉参湯。

加味玉参湯。

参蹄湯。

玉参笋荻煎。

参耳大腸方。

14.蛞蝓(カツユ:ナメクジ)

蛞蝓カプセル。

加味蜓蚰散(カミテイユウサン。テイユウはナメクジ)。

蛞貝丸。

蛞蝓定喘丸(カツユテイゼンガン:ナメクジを主剤とした喘息の薬と推定されれます。)。

蛞氷抜毒膏。

蛞蝓京墨膏。

蜓蚰油膏。

15.山蛩虫(サンキョウチュウ。ムカデの一種)

複方千脚虫膏。

四虫薬洒。

脚虫五倍膏。

千脚虫散。

脚虫赤葛絨。

16.露蜂房(ロホウボウ:スズメバチの巣)

蜂房抗癌湯。

膀胱癌尿閉方(ボウコウガンニョウヘイホウ:

           膀胱癌で尿が出ない場合に用いる処方と推定されれます。)。

加味蜂房抗癌湯。

腺炎片。

加味蜂房膏。

蜂房連翹甘草湯 (ホウボウレンギョウカンゾウトウ)。

露蜂房散。

蜂房興陽散(ホウボウコウヨウサン:コウヨウとは、

        陽=男のもの=を興すということで、インポに用いる処方と推定されます。)。

三虫通精散。

加味蜂房齲痛散(カミホウボウウツウサン:露蜂房に何かを加えた、虫歯の痛み止めと推定されます。)。

蜂房明礬散。

蜂房蜈明散(ホウボウゴメイサン:露蜂房、ムカデ、ミョウバンを主剤とする散剤と推定されます。)。

17.眼鏡蛇毒

蛇毒注射液


このブログの中でひとつでもいいと思ったことがあれば
下のアイコンをクリックして応援していただけると嬉しいです。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村
アクセスランキング参加中
☆☆☆実際に応用する場合は、自己責任で☆☆☆

そうだ!健康相談に行こう
【昭和薬局】薬剤師  鈴木 覚
〒351-0035 埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
【電話】048-473-7830
【FAX】 048-473-7332
【昭和薬局ホームページ】http://www.saitamakanpo.com 埼玉漢方ドットコム
【昭和薬局ブログ】http://showayakyk.exblog.jp/

第109号 ハシカに対する虫類薬


ハシカには、ミミズ、セミの脱け殻

最近、あちこちの大学で、麻疹(ハシカ)がはやっているようです。

遂に、早稲田の学校閉鎖となったようです。

そこで、今回は、ハシカ(麻疹)に対する虫類薬を、紹介します。



「民間祖伝秘方大全」 呉静先生、陳宇飛先生編、1993年北京科学技術出版社 より、

◎組成:五穀虫(ゴコクチュウ:ハエのウジ)9g

用法:炙って乾燥させ、研いで細かい粉にする。1日1回、お湯に入れて服用する。

注:ハシカの予防に用いる。

◎組成:僵蚕(キョウサン:蚕の幼虫が白僵菌に感染して死んだもの)2g、白水牛角10g、紫草6g

用法:水で煎じて服用する。1日3回にわけて服用する。

注:この処方は熱を冷まし、解毒、

   透疹(発疹や発汗をさせて、毒素を出させるという療法)の功効がある。

   患者児童に2~3日服用させると、病状は顕著に好転する。

◎ 組成:桜桃核12g、杏仁核9g、蝉蛻(センゼイ:セミの抜け殻)9g

用法:水で煎じて服用する。

注:麻疹が出そうで出ない場合、または出きらない場合に用いる。

◎ 組成:蚕砂(サンシャ:蚕の糞)9g、蝉蛻(センゼイ:セミの抜け殻)6g、地膚子(ジフシ)6g

用法:水で煎じて服用する。

注:透疹(発疹や発汗をさせて、毒素を出させるという療法)に用いる。

  また、上記に浮萍(フヒョウ:浮き草)9gを加えて、水で煎じて服用するという処方もある。

◎ 組成:蝉蛻(センゼイ:セミの抜け殻)(頭と足を除去)

用法:少し炒めて、研いで粉にする。

お湯で、0.6~0.9gを服用する。

注:透疹(トウシン:発疹や発汗をさせて毒素を出すという療法)に用いる。 

また、(1)蝉蛻3gを、煎じて、お茶の代わりに飲む。 

    (2)蝉蛻3g、桑の葉6gを、水で煎じて服用する。

    (3)蝉蛻6g、乾葛6g、紫蘇の葉1.5gを、水で煎じて服用する。

◎組成:露蜂房(ロホウボウ:スズメバチ等の巣) 18g

用法:煎じた後、蜂蜜を加えて服用する。

    上記の量を2回にわけて、服用する。3~4回で治癒する。

注:ハシカの後の熱や咳に用いる。

◎組成:白頸蚯蚓(ハッケイキュウイン:みみず)9~10匹

用法:洗って、つきつぶす。搾り汁半杯を、お湯で服用する。

    もし、患者の口が閉じて、服用出来ない時は、患者の口をこじ開けて、すこしずつ注ぐ。

    または、砂糖を加えて煎じて服用させる。



******虫類薬ではないのですが、

    スズメや穿山甲(センザンコウ)を用いる処方も記載されています。******

◎組成:スズメの新鮮な血数滴、白の干葡萄数粒

用法:水で煎じて服用する。小児のハシカで、発疹しない場合は、2~3回用いる。

注:この処方は、透疹(トウシン:発疹や発汗をさせて毒素を出すという療法)

   の効果が優れている。

◎組成:炙穿山甲(ホウセンザンコウ:センザンコウ、アルマジロに似た動物、

      の皮を加熱したもの)1.5g(研いで粉にしたもの)、西河柳30g、薄荷1.5g

用法:西河柳30g、薄荷1.5gを煎じて濾過した液に、センザンコウの粉を入れて熱いうちに服用する。

注:発疹が出そうで出ない場合、または出きらない場合に用いる。


このブログの中でひとつでもいいと思ったことがあれば
下のアイコンをクリックして応援していただけると嬉しいです。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村
アクセスランキング参加中
☆☆☆実際に応用する場合は、自己責任で☆☆☆

そうだ!健康相談に行こう
【昭和薬局】薬剤師  鈴木 覚
〒351-0035 埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
【電話】048-473-7830
【FAX】 048-473-7332
【昭和薬局ホームページ】http://www.saitamakanpo.com 埼玉漢方ドットコム
【昭和薬局ブログ】http://showayakyk.exblog.jp/

第108号 水族の動物薬 その3

半辺風(各種の辞書を見たが、不明。半身不随かもしれない。)

◎熊胆(クマの胆嚢)、猴胆(サルの胆嚢)、黒毛黄鼠狼

  用法:上記の3つの薬をそれぞれ別に酒にいれておき、毎日各6ml服用する。

  処方の起源:三都県

◎黒風藤、鮒

  用法:水で煎じて服用する。

  処方の起源:三都県



下痢

◎地蜂子(ハチの幼虫)、仙鶴草

  用法:水で煎じて内服する。

  処方の起源:荔波県

◎痢疾高笋、水牛の皮、鍋煙灰

  用法:水牛の皮を黒焼きにし、高笋をとろ火で煮込んだスープで、

       水牛の皮の灰と鍋煙灰を服用する。

  処方の起源:三都県

◎仙鶴草、側柏葉、算盤子、地蜂子(ハチの幼虫)、酸湯杆根、甘草

  用法:上記の薬を適量、水で煎じて服用する。

◎朱砂蓮、白頭翁、地馬蜂

  用法:水で煎じて服用する。

  処方の起源:丹塞県

脱肛

◎包谷球(焼いて灰にする)、上山虎(研いで粉にする)、人の頭髪(黒焼き)、煙筒灰、蓖麻子(つきつぶす)

  用法:上記の薬を一緒に粉にし、患部に塗る。

  処方の起源:三都県

◎スッポンの頭

  用法:始めに加熱して乾燥させる。研いで粉にし、酢を加えて混ぜ、外に敷く。

  処方の起源:丹塞県

麻瘋(ハシカ)

◎老蛇油、茶油、地星宿、掛清紙(清明節に墓を、掛清した時に、地面に落ちた紙?)

  用法:掛清紙を焼いて灰にし、地星宿を搗きつぶした後、老蛇油、茶油と混ぜて、

      青布に包んで火の上におき、加熱すると油が出てくる。

      それを体に塗る。

  処方の起源:三都県


このブログの中でひとつでもいいと思ったことがあれば
下のアイコンをクリックして応援していただけると嬉しいです。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村
アクセスランキング参加中
☆☆☆実際に応用する場合は、自己責任で☆☆☆

そうだ!健康相談に行こう
【昭和薬局】薬剤師  鈴木 覚
〒351-0035 埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
【電話】048-473-7830
【FAX】 048-473-7332
【昭和薬局ホームページ】http://www.saitamakanpo.com 埼玉漢方ドットコム
【昭和薬局ブログ】http://showayakyk.exblog.jp/

第107号 おたふく風邪に用いる虫類薬

ナンキンムシは、オタフクの薬

今回は、おたふく風邪に用いる虫類薬を紹介します。



「民間祖伝秘方大全」 呉静先生、陳宇飛先生編、1993年北京科学技術出版社 より、

1.オタマジャクシ250g、氷片(ヒョウヘン)6g、青黛(セイタイ)30g

  オタマジャクシをカメに入れ、氷片、青黛の粉を加える。

  オタマジャクシが溶けて無くなったら、その液を患部に塗る。

  この処方は、貴州のい族の常用の民間処方であって、おたふく風邪の治療に有効である。

2.白僵蚕(ビャッキョウサン:蚕が白僵菌に感染して死んだもの)60g、

  姜黄(キョウオウ7.5g、蝉蛻(センゼイ:セミの抜け殻)19.5g、大黄(ダイオウ)120g

  一緒に研いで粉にし、糊で丸剤にする。1個3gにする。蜜水で、1回に1丸服用する。

これがすごい!!

3.ナンキンムシ2匹、重楼粉3g、鶏卵1個

  ナンキンムシと重楼を一緒に臼に入れ、搗きつぶして泥状にする。

  卵から卵黄を取り除き、白身を上記の薬と混ぜて、患部に塗る。

注(原文の注です):この処方は、解毒散結、消腫止痛の効果がある。

    おたふく風邪の初期、熱毒が盛んで、両方の頬が赤く腫れて痛み、発熱がある場合に用いる。 

編者注:ナンキンムシとしましたが、原文では、「臭殻虫」となっています。

      「臭虫(シュウチュウ)」は、ナンキンムシのことです。

      「臭殻虫(シュウカクチュウ)」について、辞書などを調べたのですが、出て来ません。

      また、web上でも見当たりません。

      多分、「臭殻虫」は、「臭虫」の別名であろうと解釈し、ナンキンムシと訳しました。

      ナンキンムシが薬用になるかどうかですが、「本草綱目拾遺」以外には、見当たりません。

      「本草綱目拾遺」には、「壁虱(ヘキシツ)」俗名「臭虫」と記載されています。

      なお、この処方については、出典が記載されていません


このブログの中でひとつでもいいと思ったことがあれば
下のアイコンをクリックして応援していただけると嬉しいです。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村
アクセスランキング参加中
☆☆☆実際に応用する場合は、自己責任で☆☆☆

そうだ!健康相談に行こう
【昭和薬局】薬剤師  鈴木 覚
〒351-0035 埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
【電話】048-473-7830
【FAX】 048-473-7332
【昭和薬局ホームページ】http://www.saitamakanpo.com 埼玉漢方ドットコム
【昭和薬局ブログ】http://showayakyk.exblog.jp/
プロフィール

鈴木 覚

Author:鈴木 覚
埼玉県で薬局を開局しています。
漢方の勉強と趣味を兼ねて資料を集めている内、虫類にも面白い薬効があることに気がつきましたので2006年からブログをはじめ、今までご紹介してきました。
是非多くの方々に虫類の薬効を広く知っていただければ幸いです。
初めての方は【第1号】はじめに をご覧ください。

ご質問ありましたらtwitterにて。
ただし、虫に関する話題に限ります。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村

リンク
twitter
twitterはじめました! フォロー/リムーブお気軽にどうぞ
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。