スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このブログの中でひとつでもいいと思ったことがあれば
下のアイコンをクリックして応援していただけると嬉しいです。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村
アクセスランキング参加中
☆☆☆実際に応用する場合は、自己責任で☆☆☆

そうだ!健康相談に行こう
【昭和薬局】薬剤師  鈴木 覚
〒351-0035 埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
【電話】048-473-7830
【FAX】 048-473-7332
【昭和薬局ホームページ】http://www.saitamakanpo.com 埼玉漢方ドットコム
【昭和薬局ブログ】http://showayakyk.exblog.jp/

第170号  「山家薬方集」中の虫類を用いた毛生え薬

「紅毛流」の毛生え薬には、カエルとカタツムリ



「山家薬方集(サンカヤクホウシュウ)」は、

  江戸時代の3大農学者の一人である大蔵永常の著わした、実用処方集です。

山家とあるように、人里離れたところに住む人、

 それと貧しい人のために、著わしたものでしょう。

以前紹介した、「救民妙薬」と同じ主旨です。

違う点は、「救民妙薬」は、上から与えられたもの、

 「山家薬方集」は、下から自発的に出てきたもの、という所でしょう。



今回は、動物薬、虫類薬を用いた、毛はえ薬の処方を紹介しましょう。

蛙、蝙蝠、蛭は、全て虫偏の虫類薬です。

最初に出てくる処方には、紅毛流とありますから、

 オランダ風ということになります。

しかし、内容から見て、そうとは、とても思えませんね。

毛生え薬 

紅毛流

◎蛙の皮(1匁、黒焼き)、カタツムリ(1匁、黒焼き)、

  マコモ(2匁、黒焼き)、サイカチ(2匁)、

  いぬひり草(?)(2匁)。

 シキミの葉の汁3匁、ショウガの汁2杯、

  この二つの汁を合わせて「やしほの油」1杯に入れて煎じ、

  布でこす。

 それに上記の5種の薬を混ぜ、その後、唐蝋を入れて、

  ねりあわせる。



◎コウモリ(蝙蝠)黒焼き、マコモの黒い粉、各同量をゴマの油でつける。

  2、3度つけて、毛が生えないということがないほど、

  不思議と効く処方である。



◎ネズミの新生児、ヒル(蛭)の腹をしごき、

  マコモの根、以上の3種を黒焼きにし、ゴマの油でつけるとよい。

  不思議なことに毛が生える。
スポンサーサイト


このブログの中でひとつでもいいと思ったことがあれば
下のアイコンをクリックして応援していただけると嬉しいです。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村
アクセスランキング参加中
☆☆☆実際に応用する場合は、自己責任で☆☆☆

そうだ!健康相談に行こう
【昭和薬局】薬剤師  鈴木 覚
〒351-0035 埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
【電話】048-473-7830
【FAX】 048-473-7332
【昭和薬局ホームページ】http://www.saitamakanpo.com 埼玉漢方ドットコム
【昭和薬局ブログ】http://showayakyk.exblog.jp/

第169号 海岸で、宝をひろった話

竜のヨダレの薬用効果

虫類薬ではないのですが、

 竜のヨダレ、龍涎香(りゅうぜんこう)という変わった名前の生薬があります。

2008.3.14の在日中国人向けの新聞「網博週報」に、

 龍涎香についての記事が載っていました。

「イギリスの北ウェールズの海岸で、

  灰白色の大きな石ころ様のものを、二人の男性が見つけた。

大学に送って調べてもらった所、竜涎香であることが解ったという。」

龍涎香は、高価な香料であり、薬でもあります。

昔は、竜の涎(よだれ)と信じられていました。

竜の涎が海上を漂い、それがたまたま海岸に打ち上げられ、

 見つけた人は、宝くじに当たったように幸運であるとされてきました。

龍涎香(リュウゼンコウ)を、何とか手に入れたいと、

 様々な面白い話が作られています。

「本草綱目」などにも記載されています。

「本草綱目」では、龍涎香は、動物部門の鱗部の内の竜類に入っています。

鱗部は、文字通りウロコのある動物の部門です。

魚、ヘビ、その他ウロコのある動物を原料とした生薬が、

 この部門に入ります。

竜にもウロコがありますから、龍は鱗部に分類されます。

竜部には、9種類の竜類の生薬が載せられています。

龍(龍骨、龍歯、龍涎香も含む)、 ゼンザンコウ(穿山甲)、

 ワニ(揚子江鰐)、ヤモリ、オオヤモリ(ゴウカイ)、トカゲ等です。

なかなか、面白いでしょう。

龍は実在の動物ではありませんが、

 龍骨(りゅうこつ)は、現在でも使われています。

保険適用の漢方薬にも龍骨が入っているのもあります。

例えば、「桂枝加竜骨牡蛎湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)」

  「柴胡加竜骨牡蛎湯(さいかかりゅうこつぼれいとう)」。

つまり、竜骨は、今も広く使われている鱗部の竜類薬です。

さて、

 今では、竜涎香(りゅうぜんこう)は、

 マッコウ鯨の腸内の分泌物(生成物)であることが、わかっています。

イカの口(あの大きな大王イカ)や、その他の食物の残渣が、

 腸を刺激して分泌物が出てきて形成されたものようです。

龍涎香(りゅうぜんこう)は、糞と一緒に海に排泄されます。

始めは、浅黒色で、だんだん灰色になり、浅灰色になり、

  最後には白色になります。

白色の竜涎香が最高級品で、

  100年以上海水に浸からないと、白くはならないそうです。

「その拾った龍涎香(りゅうぜんこう)は、50kgで、

  市場価値は50万(英)ポンドとのことです。」

まさに、宝を拾ったということでしょう。

龍涎香(リュウゼンコウ)の価値は、香料としての価値です。

龍涎香(リュウゼンコウ)を拾ったということは、

  日本人には、ピンとこないでしょう。

しかし、中国人にとっては、幸運でうらやましく、面白い話なので、

  新聞に取り上げたのでしょう。

竜骨(りゅこつ)の正体が、何かといいますと、

  新生代あたりの動物の化石骨です。

精神安定作用があります。

竜歯(りゅうし)も、歯の化石です。

マンモスの歯などが、竜歯として、消費されていたのでしょう。

龍歯は、竜骨に効能効果は、ほぼ同じです。

マンモスの歯を薬にするなんて、実にもったいないことです。

今は、どこに行ったかわかりませんが、

 昔、マンモスの歯の化石を買った事があります。

安くは、ありませんでした。

現在、竜歯は、生薬としては、あまり用いられていません。

龍涎香(リュウゼンコウ)の効能効果

「中国海洋湖沼薬物学」より、

薬性は甘く、酸。温。無毒。

  化痰、散結、利気、活血、利水、通淋。



龍涎香(リュウゼンコウ)の薬効について、詳しくは、別の機会に述べます。


このブログの中でひとつでもいいと思ったことがあれば
下のアイコンをクリックして応援していただけると嬉しいです。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村
アクセスランキング参加中
☆☆☆実際に応用する場合は、自己責任で☆☆☆

そうだ!健康相談に行こう
【昭和薬局】薬剤師  鈴木 覚
〒351-0035 埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
【電話】048-473-7830
【FAX】 048-473-7332
【昭和薬局ホームページ】http://www.saitamakanpo.com 埼玉漢方ドットコム
【昭和薬局ブログ】http://showayakyk.exblog.jp/

第168号 アカガエルの薬用効果  その2

子供の病気には、アカガエルを食べさせる

さて、

「東邦薬用動物誌」  任地楼、大正14年、梅村甚太郎先生編 には、

アカガエル  Rana japonica Guenther

●捕まえて皮と内臓を取去り、醤油をつけてあぶり、子供に食べさせる。

 労痩、疳の虫に不思議と効く。

●疳の薬として赤蛙の股を醤油につけて焼き、

1日に二度 食べさせるとよい・・・経験千方。

●蝮蛇(フクダ:マムシ)にかまれたのには、赤蛙を丸のまま黒焼とし、

胡麻油に溶いてつけるとよい。・・・「此君堂薬方」。

●「桑山小粒丸  ソウザンコツブガン」

  子供のさまざまな病気を治す秘方である。

赤蛙(日干しにしたのを七匁)使君子(二匁五分、)、

  胡黄連(一匁五分)、麻沈(一匁:麻仁が正しい、)、

  蕪夷仁(三匁:ヨクイニンが正しい。ハトムギのこと。)、

  檳榔子(二匁:ビンロウジ)、熊胆(一匁:ゆうたん=熊の胆)

  以上を細かい粉にし、熊胆を水で溶いてつける。

  其の汁で●程(? 原文のまま)に丸くし、子供の年数の数ほど服用させる。

  疳の虫で、色々な病気をし、変わった症状が出た時に用いると、

  不思議と効く。・・・医便大成。

「薬虫薬畜の効用と療法」啓文社、昭和31年、酒井則天先生著

1、アカガエルの皮をはぎとり、足だけを付け焼きにして食べると、

  疳つまり削り痩せ症が治る。

2、漢方では、乾し赤蛙(七匁)、使君子(二匁半)、麻仁(一匁)、

  黄連(一匁半)、ヨク苡仁(よくいにん)(三匁)、檳榔子(二匁)、

  熊胆(一匁)、(以上いずれも生薬屋にある)を粉末にし、

  これを飯粒で練って丸薬とする。

  子供の年齢ほどずつ、1日に二回服用させると、

  五疳の大妙薬としている。

  ゴカンとは、何を指しているのかよくわからないが、

  子供の食欲増進・消化不良・栄養不良・貧血・下腹膨満感・

  顔色蒼白・寄生虫病などの総称であろうと考えられる。

3、アカガエル一匹の肉に対して、水あめ5匁の割合で加え、

  それを煮つめ、これを1日3回ずつ10日間ぐらいに食べると、

  肺病に効能があるという。



☆☆☆孫引きの危険性について

「東邦薬用動物誌」の桑山小粒丸と、「薬虫薬畜の効用と療法」の2とは、

 よく似ている、というより、同じ原典「医便大成(イベンタイセイ9」よりの引用でしょう。

生薬名からすると、「薬虫薬畜の効用と療法」のほうが正しいので、

 「東邦薬用動物誌」の生薬名は、

  書き移したときに書き間違えたか、印刷ミスでしょう。

また、薬効についても違いがあります。

これは、原典である「医便大成」の文、多分、擬古文でしょう、を、

 それぞれ当時の文に訳したから、差異が出たのでしょう。

実は、「東邦薬用動物誌」と「薬虫薬畜の効用と療法」からの引用文は、

 原文どおりではなく、私が現代文に置き換えています。

原典よりの直接引用でも、省略や、訳によって、

  本文からすこしズレます。

ですから孫引きになると、元の文から更にズレて行きます。

場合によっては、完全な間違いになることもあり得るでしょう。

孫引きは、本来は好ましくないわけです。

とはいえ、本草学は、引用より成り立っているので、

  やむをえない場合もあります。

  また、すべての原典に当たるのは、不可能です。

そういうわけで、

  この「虫ブログ」では、すべての情報について、

  煩雑ではありますが、出典を記しているわけです。



この、ブログの内容を、引用したい方は、自由に引用してください。

ただし、必ず、原典と、孫引き、またはひ孫引きであることも、記してください。


このブログの中でひとつでもいいと思ったことがあれば
下のアイコンをクリックして応援していただけると嬉しいです。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村
アクセスランキング参加中
☆☆☆実際に応用する場合は、自己責任で☆☆☆

そうだ!健康相談に行こう
【昭和薬局】薬剤師  鈴木 覚
〒351-0035 埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
【電話】048-473-7830
【FAX】 048-473-7332
【昭和薬局ホームページ】http://www.saitamakanpo.com 埼玉漢方ドットコム
【昭和薬局ブログ】http://showayakyk.exblog.jp/

第167号 アカガエルの薬用効果  その1

霊伝赤蛙丸(レイデン アカガエルガン)

前回は、ヒキガエル(ガマガエル)の薬効について述べましたが

、今回はアカガエルの薬効について書いてみましょう。

カエルは、蛙ですから、虫偏の薬です。

立派な虫類薬です。

アカガエル(赤蛙)は、一種類ではなく、

 茶色から赤茶色のカエルを、

 一般に、アカガエルと呼んでいます。

したがって、多くの種のカエルが、薬用とされてきたことになります。

アカガエル(赤蛙)は、ほんの少し前まで、

 小児の疳の薬としてももちいられてきました。

アカガエルが、効くかどうかですが、

 多分、ある程度効いたのでしょう。

そうでなければ、川柳にまで詠まれることはないでしょう。

用いられ方をみると、

 服用するというより、食べるという感じです。

江戸時代の食事には、動物性の蛋白質は少なかったでしょうから、

 なんであれ動物性の蛋白質をとれば、

 体調がよくなることがあるでしょう。

ですから、子供の疳の虫に効くことは大いにあり得るでしょう。

しかし、そうであれば、アカガエルである必然性はなく、

 動物性のものなら、なんでもいいことになります。

アカガエルが疳の薬として用いられたのは、

それなりに理由、

つまり効果が他のものより良かったからではないかと、推定します。



 「日本の名薬」宗田 一 先生、2001年5月、八坂書房、には、

アカガエルが、疳の虫の妙薬として、用いられたことが記されています。

橘屋助惣発売の「霊伝赤蛙丸」というのが、

 「江戸買物独案内(えどかいものひとりあんない)」

 今風に言えば、「江戸ショッピングガイド」といったところでしょう、

 に広告があるそうです。

江戸の町では、生きたまま持ち歩き、

 注文があれば、その場で料理して売られたと。

関西では、赤蛙(あかがえる)の腹をさいて、

 一匹ずつ串刺しにし干したのを、かごに入れて売り歩いた。

それを、醤油に付け焼きして、子供に食べさせた。



また、川柳がいくつか載せられています。

「青い子のため忠義の赤虫」

「一人子に草を分かって赤蛙」

「蛙つる女郎の側に薬鍋」  



また、昭和20年代まで、蛙売りの姿が見られたとも、記しています。


このブログの中でひとつでもいいと思ったことがあれば
下のアイコンをクリックして応援していただけると嬉しいです。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村
アクセスランキング参加中
☆☆☆実際に応用する場合は、自己責任で☆☆☆

そうだ!健康相談に行こう
【昭和薬局】薬剤師  鈴木 覚
〒351-0035 埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
【電話】048-473-7830
【FAX】 048-473-7332
【昭和薬局ホームページ】http://www.saitamakanpo.com 埼玉漢方ドットコム
【昭和薬局ブログ】http://showayakyk.exblog.jp/

第166号 ヒキガエル(蝦蟇)の薬用効果 その3

「東邦薬用動物誌」梅村甚太郎先生。任地楼。大正14年 より。

◎耳に虫が入った場合には、ヒキの油を入れると不思議と効く。・・・秘方録。

◎尿閉には、蝦蟇を黒焼きにし、

細かい粉にして、三包ずつ白湯で服用する。・・・和方一萬方。

◎シロナマズには、曼珠沙華(マンジュシャゲ)の地下部を、

水に一晩つけて、陰干にして、粉にし(鉄を忌む)、ヒキガエルの油に混ぜて,

風呂あがりにつける。

其他の時には、入浴してはいけない。・・・奇方録。

◎下疳(性病)には、ハスの葉を黒焼きにして単独で用い、

  くづれがつよい場合には、蝦蟇を黒焼にし、

  ハスの葉を三分の加えてつけると良い。

◎ヒョウソには、ひきがえるの皮をまきつけると良い。

  青蛙(トノサマガエル)でも良い。・・・救民単方。

◎疥癬には、蝦蟇を焼いて灰とし、豚の脂で溶いてぬる。

  但し早く治してはいけない。シイタケ、松茸等を食べさせて、

  多く出すのをよいとする。・・・懐中妙薬集。

◎黄疸には、蝦蟇を丸一疋、黒胡麻一合、餅米一合を水五合に入れ、

  よく煮つめて用いる。・・・掌中妙薬集。

◎病気の犬にかまれた場合には、蝦蟇の手足並に皮を取り去り、

  焼いて灰とし飯の上湯にて、何度も飲む・・・妙薬手引大成。

◎又、蝦蟇の黒焼きを、白湯(さゆ)で服用する。・・・諸国古伝秘方。

◎蝦蟇の身をそいで食べても良い。・・・妙薬博物筌。

◎刺が刺さった場合にはひきがえるの皮を貼るとよい。・・・経験千方。

◎また、ガマガエルの皮をはいで、乾しておく。トゲが刺さった時に、

  お湯で皮をふやかし、刺(トゲ)がささっている所にご飯をつけ

  その上に皮を貼り付ける。よく、刺を吸い出してくれる。

  その上に墨を塗っておくこと。人に知られないようにするためである。

  今日の昼時分につけたならば明日の昼時分には、

    刺が抜けている。・・・和方一萬方。

◎香蟾丸(コウゼンガン) 保童円ともいう。小児が五疳の病で、

  寄生虫で腹が大きく膨れたのを治す。このほか、小児の何の病気でもよい。

  即ち三稜、莪蒁、青皮、陳皮、麦芽、神麹、竜胆、檳榔子、白朮各一匁、

  川レン子、使君子、黄連、胡黄連各八分、木香四分、ガマガエル一匹、

  以上をそれぞれ別々に散薬にし、竜胆(リュウタン:リンドウ)を糊にあわせ、

  小さい丸薬とする。・・・医便大成。

◎疳疾奇効丸(カンシツキコウガン) 大きいガマガエル1匹、腸を取り除き、

  皮が白くなる程洗って、蚕の糞(蚕砂サンシャ)を腹一杯につめて、

  黒焼にし、金箔五枚を加えて、丸剤にして用いる秘方である。・・・妙薬手引大成。

(注:錠剤の外を金箔で覆うのは、昔からよくあります。

   今でも、そういうのがあります。金は人体に無害とされています。)

◎間違って、針を飲んだ場合には、ガマガエルを3、4匹つかまえて、

  頭を切って、逆さまにし、流れ出る血を、お椀の様な物にうけて、

  一杯ばかり取る。

  喉の中にそそぎ入れて、しばらく待てば、針は、

  自然と柔らかくなって、抜け出るものである。・・・廣恵済急方。


このブログの中でひとつでもいいと思ったことがあれば
下のアイコンをクリックして応援していただけると嬉しいです。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村
アクセスランキング参加中
☆☆☆実際に応用する場合は、自己責任で☆☆☆

そうだ!健康相談に行こう
【昭和薬局】薬剤師  鈴木 覚
〒351-0035 埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
【電話】048-473-7830
【FAX】 048-473-7332
【昭和薬局ホームページ】http://www.saitamakanpo.com 埼玉漢方ドットコム
【昭和薬局ブログ】http://showayakyk.exblog.jp/
プロフィール

鈴木 覚

Author:鈴木 覚
埼玉県で薬局を開局しています。
漢方の勉強と趣味を兼ねて資料を集めている内、虫類にも面白い薬効があることに気がつきましたので2006年からブログをはじめ、今までご紹介してきました。
是非多くの方々に虫類の薬効を広く知っていただければ幸いです。
初めての方は【第1号】はじめに をご覧ください。

ご質問ありましたらtwitterにて。
ただし、虫に関する話題に限ります。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村

リンク
twitter
twitterはじめました! フォロー/リムーブお気軽にどうぞ
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。