スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このブログの中でひとつでもいいと思ったことがあれば
下のアイコンをクリックして応援していただけると嬉しいです。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村
アクセスランキング参加中
☆☆☆実際に応用する場合は、自己責任で☆☆☆

そうだ!健康相談に行こう
【昭和薬局】薬剤師  鈴木 覚
〒351-0035 埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
【電話】048-473-7830
【FAX】 048-473-7332
【昭和薬局ホームページ】http://www.saitamakanpo.com 埼玉漢方ドットコム
【昭和薬局ブログ】http://showayakyk.exblog.jp/

第186号  ムカデドリ(ムカデ鶏)は、インポの薬

民間療法のなかには、大変面白いのがあります。
今回紹介する「ムカデ鳥」も、実に面白い製法(飼育法)です。
インポに効く処方に、ムカデ鳥(仮称)というのがあります。
鶏を使った、薬膳料理みたいなものです。

このニワトリが面白い。
ニワトリにある物を食べさせてから、殺して料理するという、
手の込んだことをしています。

中国の民間では、ある種の生き物に、ある種のものを食べさせて、
それを薬として利用するという方法があります。

こう書いてくると、想像がつくでしょう。
ニワトリにムカデを食べさせるんじゃないのかと。
そう、その通りですね。



「中国民間霊験方術求真伝」より、
処方:ムカデニワトリ(ムカデ鶏)二羽(約500gのオンドリ2羽)、
玉竹30g、クコ20g、としし15g、蛇床子15g
用法:始めに1匹のニワトリを殺して、内蔵を除去する。
腹の中に、玉竹15g、クコ10g、菟絲子7.5g、蛇床子7.5gを入れ、
盤の中に置く。
2時間半蒸す。それを食べる。
7日後、もう1匹のオンドリを、同じようにする。
2匹を1治療行程とする。
適応症:陽萎、早泄
治療効果:本方で良く効いた例は多い。
陽萎、早泄、精液量が少ない、
射精不能、死精、無精症のすべてに対して、良い治療効果がある。
出典:浙江省粛山市西興医院、沈紹英先生

さて、このムカデニワトリの作り方(育て方)は、こんなふうです。
ニワトリに毎日、ムカデを4匹、大頭蜻蛉を4匹、
黄蜂または蜂のサナギを5匹、連続で1か月間食べさせる。
とまあ、なかなか豪華な餌を食べさせるわけです。
ムカデが強壮剤的に使われるのは、なんとなく納得できるでしょう。
しかし、蜻蛉は、で無さそうに、思うでしょう。
ところが、蜻蛉は、なぜかよく強壮剤として使われてきました。
「本草綱目」には、道家は房中術に用いている、とあります。
しかし、わざわざ、ニワトリに食べさせないで、
人間がムカデや蜻蛉を食べた方が、簡単で、効き目もありそうな気がします。
それとも、ムカデ、蜻蛉を食べるのがいやな人のかわりに、
ニワトリに食べさせているのかもしれませんね。
スポンサーサイト


このブログの中でひとつでもいいと思ったことがあれば
下のアイコンをクリックして応援していただけると嬉しいです。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村
アクセスランキング参加中
☆☆☆実際に応用する場合は、自己責任で☆☆☆

そうだ!健康相談に行こう
【昭和薬局】薬剤師  鈴木 覚
〒351-0035 埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
【電話】048-473-7830
【FAX】 048-473-7332
【昭和薬局ホームページ】http://www.saitamakanpo.com 埼玉漢方ドットコム
【昭和薬局ブログ】http://showayakyk.exblog.jp/

第185号 火傷に対する虫類薬、動物薬   その3

「民間祖伝秘方大全」より

方30
処方:金桜根適量、生大黄、生牡蛎各等分(一緒に末にする)
用法:始めに金桜根を洗浄し、外皮を取り去り、打ってたたきつぶす。
お湯を冷ました冷水に浸け、木棒で撹拌すると、白い泡沫ができる。
それを取り泡沫を患部にぬる。
大黄、牡蛎粉をその上に1日2回ふりかける。


方31:
処方:鶏の油10g、鵞鳥の油10g
用法:鶏の油、鵞鳥の油を一緒に加熱して、熔融させる。
冷めてから、患部に、1日1回ぬる。
注:イ族民間では、鶏の油を薬用にするのはよくあることである。
本方は火傷、を治療し、比較的効果がある。
其の治愈率は高い。
出典:〈イ医動物薬》

35
処方:馬の骨髄適量
用法:新鮮な馬の骨髄を患部に塗って敷く。1日1回。
解説:この処方は消腫止痛、収斂生肌の功効がある。
火傷を治療し、効果がある。
これはイ族の居住地では、普通に使用されている処方である。
この処方は、漢民族の医学書には見当たらない。
イ族独特の伝統的な処方である。
出典:イ医動物薬

37
処方:ハリネズミの針、2~5本。
用法:ハリネズミの針を焼いて炭化し、研いで粉にする。
火傷傷の上に振りかける。1日1回。
解説:この処方は、古くからイ族の民間に伝えられている。
もっぱら火傷の治療に用いられていて、治療効果は顕著である。
出典:イ医動物薬

38
処方:生きているサソリ、35~40匹
用法:500gの胡麻油に浸ける。
1 2時間たてば、使用できる。
ただし、長くおけばおくほど、効き目は強くなる。
始めに、火傷による水泡を切って水を出し、この油を塗る。
1日3回。
塗った後、アリが這うような感じがすることがあるが、
この場合痛みがとまり、短期で傷口がふさがる。

39
処方:牡蠣粉(ボレイコ:牡蠣のカラを粉にしたもの)
用法:研いで細かい粉にして、フルイにかけ、茶油と混ぜて、火傷の傷にぬる。
解説:別の方法では、始めに、茶油を患部にぬり、
その上にボレイコをふりかける。


このブログの中でひとつでもいいと思ったことがあれば
下のアイコンをクリックして応援していただけると嬉しいです。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村
アクセスランキング参加中
☆☆☆実際に応用する場合は、自己責任で☆☆☆

そうだ!健康相談に行こう
【昭和薬局】薬剤師  鈴木 覚
〒351-0035 埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
【電話】048-473-7830
【FAX】 048-473-7332
【昭和薬局ホームページ】http://www.saitamakanpo.com 埼玉漢方ドットコム
【昭和薬局ブログ】http://showayakyk.exblog.jp/

第184号 火傷に対する虫類薬、動物薬 その2

火傷には、ムカデ

「民間祖伝秘方大全」より
方9:
処方:大蜈蚣(オオムカデ)3匹(生きているのを用いる)
用法:茶油180gにムカデを浸して、この油を取り、
火傷に塗れば、痛みはすぐに止まる。
かつまた、跡が残らない。


13:
処方:河のドブガイの殻。
用法:ドブガイの殻を炭火で焼いたあと、数日間放置する。
研いで細かい粉にし、篩にかける。ビンに入れて保存する。
火傷には、始めに患部に桐の油を鶏の羽根でぬる。
その後、ドブガイの殻の粉をそのうえに敷けば、赤みと炎症がひく。
すでにタダレテいる場合には、お茶(液体)で患部を洗った後、
ドブガイの粉でこすれば、3~6日で効果が出てくる。



23:
処方:茶油120g、 魚の胆汁60g
用法:胆汁を油の内に入れて撹拌して保存しておく。
古くなれば古くなるほど好い。
油が変成して白色になるまで待って、用いれば更に効果的である。
何回も患部に塗布する。
その後治るまで塗り続ける。
出典:福建三明市鄒金林先生の祖伝五代秘方
           
方24:
処方:大鴨毛若干。梅片少しばかり
用法:毛を焼いて灰にし、
それに梅片を研いで細かくしたのをゴマ油に混ぜ、患部に塗る。
注;火傷でただれ水が出ているのに用いる。

方27:
処方:猪の胆を1個、 猪の陰茎を1本
用法:新鮮な豚の胆汁と猪の陰茎を混合して煎じ、
練り状に膏状になるまで煮詰める。
冷たくなってから患部に敷く。毎日1回。
注:猪の胆は薬として始めて記載されたのは、《名医別録》である。
歴代の本草書には頗る多く記載されている。
本方はイ族の民間の験方であって、消炎、生肌、止痛の効能がある。
火傷に対しては、特に効果があり、傷が速くふさがる。
この処方は、漢民族の書には見られない。
出典:イ医動物薬 


28
処方:生石膏、海ヒョウ蛸(カイヒョウショウ:イカの軟骨)各15g、
大梅片1.8g
用法:一緒に研いで研細かい粉にする。
始めに生理食塩水で患部を洗浄する。
その後、上記の薬を胡麻油と混ぜて塗る。
皮膚か潰瘍状になっている場合には、薬の粉を患部にふりかける

このブログの中でひとつでもいいと思ったことがあれば
下のアイコンをクリックして応援していただけると嬉しいです。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村
アクセスランキング参加中
☆☆☆実際に応用する場合は、自己責任で☆☆☆

そうだ!健康相談に行こう
【昭和薬局】薬剤師  鈴木 覚
〒351-0035 埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
【電話】048-473-7830
【FAX】 048-473-7332
【昭和薬局ホームページ】http://www.saitamakanpo.com 埼玉漢方ドットコム
【昭和薬局ブログ】http://showayakyk.exblog.jp/

第183号 火傷に対する虫類薬、動物薬   その1

大サンショウウオは、火傷のクスリ

祖先伝来とか、秘密の処方とかいうものには、
実に面白い生薬が使われていたり、
変わった用い方をするのがあります。
不思議なくらい効くのもあれば、全く効かない、
もしくは有害なのも混じっています。
しかし、現在では検証することは、不可能です。
そのことを、念頭に置き、お読みください。

「民間祖伝秘方大全」北京科学技術出版社には、
数々の面白い処方が、記載されていますが、
今回は、やけどに対する虫類薬、動物薬を取り上げてみます。
書中には、火傷に対する処方が、96処方取り上げられています。
うち、約20数処方が、動物薬を用いています。

「民間祖伝秘方大全」北京科学技術出版社、1993年、より

方1:
処方:鶏骨の灰 若干
用法:鶏の骨を火の上に放ち、骨が白く透き通るまで加熱する。
   それを研いで細かい末にする。瓶の中に蓄えておく。
   火傷をした時には、胡麻油と混ぜて、患部に敷けば、化膿しない。
   薬を敷いた後には、早く傷口がふさがり、
   かつまた治癒した後には、跡が残らない。
  
方2:
処方:(中国)大サンショウウオの皮を適量
用法:黄色になるまであぶる。研いで末にする。
   胡麻油の適量と混ぜて、時々患部につける。
出典:陜西《寧強県秘験単方彙集》

方4:
処方:五倍子(ゴバイシ:ヌルデシロアブラムシなどが、
     ヌルデに寄生して出来た虫こぶ)60g、氷片(ヒョウヘン)3g
用法:五倍子を、沙土を用いて炒り、黄色くなったら研いで粉にし、
   氷片を加え、胡麻油と混ぜて火傷の部分に塗れば、
   痛みは たちどころに止まる。
   少し時間がたったら、前に塗った上に、また塗る。
   そうすれば、化膿したり、跡が残ったりしない。

方8
処方:蝦蟇(ガマガエル)7匹、胡麻油12~18g
用法:始めにゴマ油を加熱しておき、
   それにガマガエル(洗浄して、腹を割かないでおく)を入れ、
   蝦蟇を焦がして 黄色になったら、ガマをとり去る。
   油を、磁器の器に入れて 保存しておく。
   火傷をした時には、この油を患部に塗る。
注:もう一つの処方。
蝦蟇10匹を桐油250gに入れて、1週間浸けたあと、油を取り、患部に塗る。


このブログの中でひとつでもいいと思ったことがあれば
下のアイコンをクリックして応援していただけると嬉しいです。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村
アクセスランキング参加中
☆☆☆実際に応用する場合は、自己責任で☆☆☆

そうだ!健康相談に行こう
【昭和薬局】薬剤師  鈴木 覚
〒351-0035 埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
【電話】048-473-7830
【FAX】 048-473-7332
【昭和薬局ホームページ】http://www.saitamakanpo.com 埼玉漢方ドットコム
【昭和薬局ブログ】http://showayakyk.exblog.jp/
プロフィール

鈴木 覚

Author:鈴木 覚
埼玉県で薬局を開局しています。
漢方の勉強と趣味を兼ねて資料を集めている内、虫類にも面白い薬効があることに気がつきましたので2006年からブログをはじめ、今までご紹介してきました。
是非多くの方々に虫類の薬効を広く知っていただければ幸いです。
初めての方は【第1号】はじめに をご覧ください。

ご質問ありましたらtwitterにて。
ただし、虫に関する話題に限ります。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村

リンク
twitter
twitterはじめました! フォロー/リムーブお気軽にどうぞ
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。