スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このブログの中でひとつでもいいと思ったことがあれば
下のアイコンをクリックして応援していただけると嬉しいです。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村
アクセスランキング参加中
☆☆☆実際に応用する場合は、自己責任で☆☆☆

そうだ!健康相談に行こう
【昭和薬局】薬剤師  鈴木 覚
〒351-0035 埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
【電話】048-473-7830
【FAX】 048-473-7332
【昭和薬局ホームページ】http://www.saitamakanpo.com 埼玉漢方ドットコム
【昭和薬局ブログ】http://showayakyk.exblog.jp/

第278号  「漢方系の大衆薬」中の虫類薬  その3

 「新編中成薬手冊」大衆薬ハンドブック。青島出版社。于維泙先生、宋増芸先生、楊培民先生、孫洪勝先生 編著 より


去甲斑猫素片 Demethylcantharidin Tablets  デメチルカンタリジン錠
有毒な昆虫の代表ともいえるハンミョウ(実際は、豆ハンミョウ等が有毒で、
  ハンミョウは無毒ですが、歴史的にただのハンミョウとすることが多いので、ハンミョウとしました。)は、抗ガン薬に分類されています。
やはり、毒には、何等かの薬理作用がありますね。
斑猫の主成分は毒であるカンタリジンです。
これは、以前は日本薬局方にも収載されていました。
昔は、日本でも用いられていました。
このカンタリジンのことを中国語では斑猫素と書きます。
斑猫素=カンタリジン(Cantharidin)です。
去甲斑猫素(きょこうはんみょうそ)で Demethylcantharidin です。

処方:ハンミョウより抽出した有効成分である去甲斑猫素
効能効果:抗ガン剤。肝臓ガンの肝臓部の痛みを軽減し、腹水を軽減する。
     食道ガン、胃ガン、噴門ガン、子宮頸ガンなどに対しては、進行を阻止、或いは縮小させ、疼痛を緩解させる。
     上述の各種のガンの治療、白血球の減少症にも用いられる。
薬理作用:1、抗ガン作用。
2、吸収が比較的早い。投薬後24時間で、大部分は排出され、各臓器への残留薬量は極めて微量である。
   薬剤蓄積による中毒の可能性は少ない。
3、毒性試験。動物実験によれば、各臓器に対しては、明確な損傷がなかった。
  残留毒性がない。遺伝毒性がない。
4、マウスの免疫に対する影響。マウスの体液性免疫に対しては、明確な抑制作用が無かった。
5、血液成分に対する影響。
  マウスの腹腔に1日に0.5と0.8mg/kgを、連続4日間、8日間、23日間注射したが、白血球数は、一定程度上昇した。
  ウサギに毎日1日当たり、腹腔に1.5mg注射したが、
   また白血球数が上昇した。かつまた、注射の前後で中性粒細胞とリンパ細胞の比率は、ほとんど変化が無かった。


玄七通痺胶囊(げんしちつうひこうのう)  「こうのう」は、カプセルのこと
漢方薬、中成薬のあるものは、成分や効果が推定されるのがあります。
この玄七通痺カプセルもそうです。
玄は玄駒の略でアリのことです。
痺(ひ)は、しびれですが、痛みをさすこともあります。
ということで、アリを主成分とした、痺れや痛みを治す薬であろうことが、推定されます。
アリは、痛み、神経痛、リウマチ、肝炎などに効くとされ、近年は盛んに養殖されています。

玄七通痺カプセル
処方:アリ、黄芪 、重楼、老鶴草等。
効能効果:
薬理作用:1、抗炎症作用。
2、鎮痛作用
臨床応用:類リウマチ性関節炎に対しては、81.7%の有効率であった。
     類リウマチ性関節炎の主要な症状である関節痛、関節の腫ちょうに対しては、とくに有効である。
昼は軽く、夜は重い腰や膝の痛み、手足の冷え等の症状を改善する。
スポンサーサイト


このブログの中でひとつでもいいと思ったことがあれば
下のアイコンをクリックして応援していただけると嬉しいです。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村
アクセスランキング参加中
☆☆☆実際に応用する場合は、自己責任で☆☆☆

そうだ!健康相談に行こう
【昭和薬局】薬剤師  鈴木 覚
〒351-0035 埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
【電話】048-473-7830
【FAX】 048-473-7332
【昭和薬局ホームページ】http://www.saitamakanpo.com 埼玉漢方ドットコム
【昭和薬局ブログ】http://showayakyk.exblog.jp/
プロフィール

鈴木 覚

Author:鈴木 覚
埼玉県で薬局を開局しています。
漢方の勉強と趣味を兼ねて資料を集めている内、虫類にも面白い薬効があることに気がつきましたので2006年からブログをはじめ、今までご紹介してきました。
是非多くの方々に虫類の薬効を広く知っていただければ幸いです。
初めての方は【第1号】はじめに をご覧ください。

ご質問ありましたらtwitterにて。
ただし、虫に関する話題に限ります。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村

リンク
twitter
twitterはじめました! フォロー/リムーブお気軽にどうぞ
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。