スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このブログの中でひとつでもいいと思ったことがあれば
下のアイコンをクリックして応援していただけると嬉しいです。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村
アクセスランキング参加中
☆☆☆実際に応用する場合は、自己責任で☆☆☆

そうだ!健康相談に行こう
【昭和薬局】薬剤師  鈴木 覚
〒351-0035 埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
【電話】048-473-7830
【FAX】 048-473-7332
【昭和薬局ホームページ】http://www.saitamakanpo.com 埼玉漢方ドットコム
【昭和薬局ブログ】http://showayakyk.exblog.jp/

第230号 「漢方系の大衆薬」中の虫類薬  その5

「華蟾素(かせんそ)注射液および内服液」
ガマガエルの皮よりの抽出物の注射液と内服液
処方:乾燥したガマガエルの皮
薬理作用:
1、マウスに体重1kgあたり5mlを静注したが、24時間経過しても死亡しなかった。
急性毒性試験では、静注でLD50は3.20±0.23ml/kg。
2、抗ガン作用:マウスのW-256に対する抑制率は63.7%、マウスの肝臓ガンHePAに対する抑制率は41.1%、網織細胞のD2に対する抑制率は40.3%であった。
L1210白血病のマウスに対しては、顕著に寿命を延長した。また、マウスの精原細胞内のDNA合成に対して抑制作用があった。
分子水平研究観察では、S180腹水ガン細胞内のcAMPおよびcGMPの含有量の変化に対しては、良好な調節作用があった。
ガン細胞のDNAとRNAの合成に対しては顕著な抑制作用があった。
3、免疫促進作用:動物を用いた研究では、華せん素は、動物の体液性免疫と細胞免疫機能を促進することが証明された。
CTXによって引き起こされた白血球減少症に対しては、防治作用がある。
華せん素は、マウスのリンパ細胞の比率を増加させ、マウスの血清中のIgG、IgA、IgMの含有量を増加させた。
Tリンパ細胞の活性を高めた。

注:ガマの油は、ガマガエルの皮膚よりの分泌物です。ガマの油というと、いかにも怪しそうですが、実は、立派な薬理作用があります。
ガマを刺激して、怒らせると耳のしたあたりから有毒な液を分泌します。それを、固めたものを蟾酥(センソ)といいます。
この、蟾酥には、優れた強心作用があり、現代の日本でも用いられています。商品名で言うと、「救心」「六心丸」などです。
これは、グラムあたり金よりも高い生薬です。
蟾酥は、少量だと心臓の働きを良くする強心作用があります。少し量が多いと、毒薬になります。
蟾酥(せんそ:ガマの油)だけではなく、ガマの皮=皮膚にも、薬用成分が含まれています。

スポンサーサイト


このブログの中でひとつでもいいと思ったことがあれば
下のアイコンをクリックして応援していただけると嬉しいです。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村
アクセスランキング参加中
☆☆☆実際に応用する場合は、自己責任で☆☆☆

そうだ!健康相談に行こう
【昭和薬局】薬剤師  鈴木 覚
〒351-0035 埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
【電話】048-473-7830
【FAX】 048-473-7332
【昭和薬局ホームページ】http://www.saitamakanpo.com 埼玉漢方ドットコム
【昭和薬局ブログ】http://showayakyk.exblog.jp/
プロフィール

鈴木 覚

Author:鈴木 覚
埼玉県で薬局を開局しています。
漢方の勉強と趣味を兼ねて資料を集めている内、虫類にも面白い薬効があることに気がつきましたので2006年からブログをはじめ、今までご紹介してきました。
是非多くの方々に虫類の薬効を広く知っていただければ幸いです。
初めての方は【第1号】はじめに をご覧ください。

ご質問ありましたらtwitterにて。
ただし、虫に関する話題に限ります。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村

リンク
twitter
twitterはじめました! フォロー/リムーブお気軽にどうぞ
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。