スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このブログの中でひとつでもいいと思ったことがあれば
下のアイコンをクリックして応援していただけると嬉しいです。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村
アクセスランキング参加中
☆☆☆実際に応用する場合は、自己責任で☆☆☆

そうだ!健康相談に行こう
【昭和薬局】薬剤師  鈴木 覚
〒351-0035 埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
【電話】048-473-7830
【FAX】 048-473-7332
【昭和薬局ホームページ】http://www.saitamakanpo.com 埼玉漢方ドットコム
【昭和薬局ブログ】http://showayakyk.exblog.jp/

第258号 愛蘭(アイルランド)動物本草 その1

愛蘭動物本草の原題は、Zoologia Medicinalis Hibernicaです。

Zoologia Medicinalis Hibernica or Treatise of Birds,Beast,Fishes,Reptiles,or Insects,
which are commonly known and propagated in this Kingdom:
giving an Account of their Medicinal Virtues,and their Names in English,Irish,and Latin.

Zoologia Medicinalis Hibernicaは、ラテン語で、アイルランドの動物薬です。
(Zoologia  は、動物学。 Medicinalis は、薬。 Hibernica は、アイルランドの。)
即ち、鳥類、獣類、魚類、爬虫類と昆虫類 の薬用について述べています。
そこで、「愛蘭(アイルランド)動物本草」としました。
著者のジョン・キーオ John K'eogh(1681年頃~1754年)は、名誉神学博士 で博物学者。
この本以外に、薬草などについての著作があります。

「愛蘭(アイルランド)動物本草」は、1739年にアイルランドのダブリンで出版されました。
この本は、内容そのものも特異ですが、その他いくつか変わった点があります。
生薬の名称に、英語、ラテン語のほかにアイルランド語が表記されています。
大変面白いことに、前書きの後ろに、この本の予約者の名前が書かれています。
そして、名前の前に、ミスター、サーなどの称号がついているので、予約者の社会的地位の一端が覗えます。

1931年に、アイルランドは、何百年にわたるイギリスの支配から、やっと独立しました。アイルランドの国語は、建前は、ケルト系の言語であるアイルランド語です。
残念なことに、現在では、アイルランド語を話せる国民はほとんどいない状態になっています。イギリスによる支配で、英語しか話せないようになってしまいました。
アイルランドは、ジョン・キーオ John K'eoghの生きていた時は、イギリスの植民地でした。(今は、文化的な植民地。)
この本の出版された1739年頃には、まだ、多くのアイルランド人が、母語を話せたのではないかと思います。
しかし、ヨーロッパでは、文学、医学書などの専門書、神学など、多くの出版物は、何語で書くのかが、問題になります。
人口の少ない民族・国家に属している人は、民族語、自国語で書くか、周辺の大国、主要民族、またはラテン語などで書くのかを、決めなければなりません。
私たち、日本人、もしくは日本にいる外国人は、大体日本語で書くことに、悩むことは無いでしょう。
自国語(民族語)で、考え、自国語(自民族語)で本を出版できるのは、意外に少ないのが、実情です。

愛蘭動物本草の著者のジョン・キーオ John K'eoghは、アイルランド語で、出版できないことに、複雑な思い出いたことでしょう。せめて、生薬名にだけアイルランド語を入れたのでしょう。
アイルランド語で書いたら、読者が限定され、出版することすら出来なったでしょう。
或いは、アイルランド語の出版は禁止されていたのかも知れません。仕方なく、支配者、抑圧者であるイギリスの言葉で書かざるを得なかったのでしょう。

J ジョン・キーオ ohn K'eoghは、滅び行く、動物薬について、記録を残したかったのかも知れません。

私は、近世のヨーロッパの、虫類薬の資料を探しているうちに、この愛蘭(アイルランド)動物本草を見つけました。
同時代の、植物性生薬の資料は、多く見られますが、虫類を含む動物薬は、稀です。
John K'eoghは、イギリス本土を含む他国には、動物を薬とする文化があまり多くないことに気が付いていたと思います。
それに反して、アイルランドでは、多くの動物が薬として使われていたことに気が付いていたのでしょう。
そして、消えてしまわないうちに記録しておこうとのとの気持ちが、心のどこかにあったのではないかと思います。

以下に、この愛蘭動物本草に収載されている、動物薬を列記します。
原典では、英語名のアルファベット順になっていますので、それに従っています。
日本語、英語、ラテン語の順に列記しました。アイルランド語は省きました。
スポンサーサイト


このブログの中でひとつでもいいと思ったことがあれば
下のアイコンをクリックして応援していただけると嬉しいです。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村
アクセスランキング参加中
☆☆☆実際に応用する場合は、自己責任で☆☆☆

そうだ!健康相談に行こう
【昭和薬局】薬剤師  鈴木 覚
〒351-0035 埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
【電話】048-473-7830
【FAX】 048-473-7332
【昭和薬局ホームページ】http://www.saitamakanpo.com 埼玉漢方ドットコム
【昭和薬局ブログ】http://showayakyk.exblog.jp/
プロフィール

鈴木 覚

Author:鈴木 覚
埼玉県で薬局を開局しています。
漢方の勉強と趣味を兼ねて資料を集めている内、虫類にも面白い薬効があることに気がつきましたので2006年からブログをはじめ、今までご紹介してきました。
是非多くの方々に虫類の薬効を広く知っていただければ幸いです。
初めての方は【第1号】はじめに をご覧ください。

ご質問ありましたらtwitterにて。
ただし、虫に関する話題に限ります。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村

リンク
twitter
twitterはじめました! フォロー/リムーブお気軽にどうぞ
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。