スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このブログの中でひとつでもいいと思ったことがあれば
下のアイコンをクリックして応援していただけると嬉しいです。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村
アクセスランキング参加中
☆☆☆実際に応用する場合は、自己責任で☆☆☆

そうだ!健康相談に行こう
【昭和薬局】薬剤師  鈴木 覚
〒351-0035 埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
【電話】048-473-7830
【FAX】 048-473-7332
【昭和薬局ホームページ】http://www.saitamakanpo.com 埼玉漢方ドットコム
【昭和薬局ブログ】http://showayakyk.exblog.jp/

第176号 東北ザリガニの薬用効果  その2 

ザリガニの胃石は、薬になる

「動物本草」より、
起源:東北ザリガニの胃の中の石(胃石)
胃の中の石を薬とする。半円形を呈している。白色で直径は4~10mm。厚さは約3~5mm。
平らだが表面にくぼみがある。堅い。
採集炮製:5月中、下旬または9月中旬から10月上旬の2回の
脱皮前の10~15日前に採集する。採集後、胃石を取り出す。
胃石は、脱皮後、10~15日で、消化吸収されてしまうので、
時期が重要である。
化学成分:炭酸カルシウム
効能主治:止血、止瀉、利尿、筋骨をたくましくする。
     外傷出血、小児の軟骨症、下痢などをなおす。
古今の効果のある処方:
1、刀傷による出血  ザリガニの胃石を研いで粉にし、患部に塗る。
出典:とう明魯先生など。「中国動物薬」吉林人民出版社、1981年
2、小児の佝僂病を治す。ザリガニの胃石を研いで粉にする。
             1日3回、1回に1gを服用する。
用法と用量:内服の場合、多くは散剤にして、1回に5~10gを服用する。
      外用は適量。
東北ザリガニのほか、朝鮮ザリガニCambaroides similis Koelbel、史氏ザリガニCambaroides schrenkii Kesslerも薬用とする。

「中国海洋湖沼薬物学」より
薬用部分:東北ザリガニ(東北喇蛄)Cambaroides dauricus (Pallas)
および、
     チョウセンザリガニ Cambaroides similis (Koelbel)の、全体

東北ザリガニは、山渓または山地付近の河川、湖泊中に生活している。
昼間は、石の下に隠れていて、黄昏より外に出てエサを探す。
ザリガニは雑食性で、腐乱した植物、藻類、軟体動物、小型の甲殻類、
水生昆虫および魚などを食べる。
9~10月に交尾して、春に産卵を始め、5月中旬に孵化する。
孵化後もしばらくは、母体について生活する。
朝鮮ザリガニは、山地の渓流域または、山地付近の河川、湖泊中、沿岸の石の下、
砂礫または落ち葉の堆積しているところで容易に見つけることができる。
姿形は東北ザリガニにしているが、少し小さい。体長は約66.4~78.7mm。

性味効用主治:甘、温、無毒。止血、下痢止め、筋骨をたくましくする。
       外傷出血、小児の軟骨症、下痢などを治す。
用法と用量:内服、5~30g。煮て肉を食べ、スープも飲む。
出典:「中国薬用動物誌」




最後に、
「東北ザリガニなんて、聞いたことないぞ。」といいたくなる方もいるでしょう。
しかし、本当に東北には、東北ザリガニがいます。
ただし、日本の東北地方ではなく、
中国の東北です。中国での東北地区は、昔の満州地区を指します。
いわゆる、東北三省の黒龍江省、吉林省、遼寧省と内モンゴルの東北部が中国の東北です。
東北ザリガニは、鴨緑江、松花江、図門江、鏡泊湖等の寒い地区の河川、湖や池などに生息しています。

東北ザリガニは、実在します。


このブログの中でひとつでもいいと思ったことがあれば
下のアイコンをクリックして応援していただけると嬉しいです。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村
アクセスランキング参加中
☆☆☆実際に応用する場合は、自己責任で☆☆☆

そうだ!健康相談に行こう
【昭和薬局】薬剤師  鈴木 覚
〒351-0035 埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
【電話】048-473-7830
【FAX】 048-473-7332
【昭和薬局ホームページ】http://www.saitamakanpo.com 埼玉漢方ドットコム
【昭和薬局ブログ】http://showayakyk.exblog.jp/
プロフィール

鈴木 覚

Author:鈴木 覚
埼玉県で薬局を開局しています。
漢方の勉強と趣味を兼ねて資料を集めている内、虫類にも面白い薬効があることに気がつきましたので2006年からブログをはじめ、今までご紹介してきました。
是非多くの方々に虫類の薬効を広く知っていただければ幸いです。
初めての方は【第1号】はじめに をご覧ください。

ご質問ありましたらtwitterにて。
ただし、虫に関する話題に限ります。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村

リンク
twitter
twitterはじめました! フォロー/リムーブお気軽にどうぞ
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。