スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このブログの中でひとつでもいいと思ったことがあれば
下のアイコンをクリックして応援していただけると嬉しいです。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村
アクセスランキング参加中
☆☆☆実際に応用する場合は、自己責任で☆☆☆

そうだ!健康相談に行こう
【昭和薬局】薬剤師  鈴木 覚
〒351-0035 埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
【電話】048-473-7830
【FAX】 048-473-7332
【昭和薬局ホームページ】http://www.saitamakanpo.com 埼玉漢方ドットコム
【昭和薬局ブログ】http://showayakyk.exblog.jp/

第198号 ヒルの薬用効果   その2

腎臓病には、ヒル

脳血管病
処方:水蛭(スイテツ:ヒルの生薬名)粉3g、三七粉3g
用法:この薬の量が一回分である。1日に三回、お湯に入れて服用する。
   または、三七粉3gと適量の鶏肉と蒸して、1日に1回食べる。
   1~3ヶ月を1治療行程とする。
   服用期間中は、一切の血管拡張剤を中止する。
結果:王観は、42例の脳卒中後遺症の患者に投与した。
   平均50日間投与した。
   治癒は15例、著効は21例、好転4例、無効は2例であった。
出典:新中医  1993;1:55


慢性腎炎
処方:水蛭粉
用法:1回に1.5~2g、1日に2回。15日で1治療行程とする。
効果:王網などは、普通の治療で、
     1カ月以上効果が見られなかった32例の慢性腎小球腎炎患者に、
     この療法で治療した。
   完全寛解4例、基本寛解7例、好転15例、無効は6例であった。
   治療後尿タンパクは平均1.78gプラスマイナス0.33g(P*0.01)低下した。
   水腫がある18例中、完全消退8例、減退7例、無効は3例であった。

尿毒症
処方:水蛭
用法:水蛭0.5gを、1日に2~3回
効果:水蛭は腎臓の血流量を増強し、腎機能の回復を促進する。
   副作用は、今まで見たことがない。
出典:水蛭的臨床応用

腎病総合症
処方:水蛭粉
用法:(多分、副腎皮質)ホルモンによる治療に加える。
   1日に3g、第3週には、4,5gにまで増量する。
効果:10例に、8週間投与した。
   8例が完全寛解し、2例が寛解しなかった。
   水蛭粉をホルモン療法に組み合わせることにより、
   利尿消腫、タンパクを消除し、
   ホルモン投与を減少させた際のリバウンドを減少させる効果があった。
出典:水蛭的臨床応用

下肢静脈栓塞
処方:水蛭、地竜(ジリュウ:ミミズ)
用法:水蛭、地竜を4:1の割合で、加熱乾燥し、研いで粉にする。
   毎食後3~5g服用する。
効果:周継髪は、下肢静脈栓塞(いずれも重病)の患者11例を治療したが、すべて治癒した。


閉経
処方:水蛭粉
用法:水蛭粉6gに白糖を加えてお湯にいれて服用する。
効果:1例を治療したが、15回服用したところ治癒した。

卵巣嚢腫
処方:生水蛭粉
用法:1回に3gを、朝夕、黄酒にいれて服用する。
効果:劉天峰は十一例の患者を治療した。
   6例が治癒し、腫瘍が縮小し、3例が無効であった。
出典:新中医  1975;5:27


前立腺肥大
処方:水蛭粉2g
用法:薬をお湯に入れて服用する。
   1日に2回。20日連続で1治療行程とし、7日間休薬する。
結果:魏世超は21例に投与した。
   3~9治療行程で、著効が16例、有効が5例であった。
   年齢が上がるほど、病歴が長いほど、効果の発現が遅いのが、判明した。
出典:中医雑誌 34(4):198


このブログの中でひとつでもいいと思ったことがあれば
下のアイコンをクリックして応援していただけると嬉しいです。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村
アクセスランキング参加中
☆☆☆実際に応用する場合は、自己責任で☆☆☆

そうだ!健康相談に行こう
【昭和薬局】薬剤師  鈴木 覚
〒351-0035 埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
【電話】048-473-7830
【FAX】 048-473-7332
【昭和薬局ホームページ】http://www.saitamakanpo.com 埼玉漢方ドットコム
【昭和薬局ブログ】http://showayakyk.exblog.jp/
プロフィール

鈴木 覚

Author:鈴木 覚
埼玉県で薬局を開局しています。
漢方の勉強と趣味を兼ねて資料を集めている内、虫類にも面白い薬効があることに気がつきましたので2006年からブログをはじめ、今までご紹介してきました。
是非多くの方々に虫類の薬効を広く知っていただければ幸いです。
初めての方は【第1号】はじめに をご覧ください。

ご質問ありましたらtwitterにて。
ただし、虫に関する話題に限ります。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村

リンク
twitter
twitterはじめました! フォロー/リムーブお気軽にどうぞ
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。