スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このブログの中でひとつでもいいと思ったことがあれば
下のアイコンをクリックして応援していただけると嬉しいです。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村
アクセスランキング参加中
☆☆☆実際に応用する場合は、自己責任で☆☆☆

そうだ!健康相談に行こう
【昭和薬局】薬剤師  鈴木 覚
〒351-0035 埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
【電話】048-473-7830
【FAX】 048-473-7332
【昭和薬局ホームページ】http://www.saitamakanpo.com 埼玉漢方ドットコム
【昭和薬局ブログ】http://showayakyk.exblog.jp/

第221号 クシャミ療法

クシャミを起こさせて、病気を治療する、という面白い治療法があります。

「中国民間療法大典」という本には、様々な面白い治療法が記載されています。
千ページ余の大冊です。
再販の前書きによれば、現代中国で「我が国で第一の民間療法の大典」だそうです。
台湾でも出版され、日本語にも翻訳され、世界の30数カ国で、発行(何語かは、かかれていません)されているそうです。
とはいうものの、日本語訳は見たことがありませんが。

面白い治療法の一つが、クシャミ療法です。
「中国民間療法大典」中原農民出版社  1999年11月第2版  劉道清先生主編 より

小児の急性、慢性の驚風(キョウフウ:ひきつけ)   
◎犀角丸(サイカクガン)
犀角、麝香、牛黄、青黛、地竜各0.3g、朱砂、防風各30g、
蚕紙(カイコの卵が産み付けられた紙)1枚(焼く)、蟾酥(センソ)1.5g、
天漿子(てんしょうし:イラガの繭。雀瓮ともいう。)、蝉退(センタイ)各27匹分、
烏梢蛇(ウショウダ)の肉15g、を一緒に細かい粉にする。
それに、ハチミツ適量で練って、黍の実くらいの大きさの粒にする。
その1粒に水を加えて溶かし、鼻のなかにたらし、くしゃみを起こさせる。

☆犀角丸の解説
犀角丸の内容は、大変面白いので、特に解説します。

犀角:犀(サイ)の角(つの)。哺乳動物のサイ(リノ)のツノのことです。
現在は、絶滅危惧種で、ワシントン条約で、取引が禁止されています。
強い解熱作用があります。
意外でしょうが、ほんの少し前まで、日本で使われていました。
いまから、30年位前、私の薬局でも、ウサイカクサン(多分、烏犀角散という漢字)という、小児薬がありました。
子供の、風邪、解熱薬でした。
あまり、売れないので、いつの間にか、取り扱いを中止しました。
多分 今は無いでしょう。サイの角が手に入りませんからね。
成分表示には、間違いなく「犀角」が入っていました。
多分、麝香もはいっていたと思います。
当時は、変なものがはいっているな、と思っていました。

麝香:ジャコウ。ジャコウジカ(musk deer)の雄の腹部に麝香腺がありそこから分泌されたもの。
雌を引き付けるための匂い。生薬であり、香料でもあります。
いわゆる高貴薬で、大変高価です。
香水、オーデコロンのなかには、ムスクの香りというものがありますが、
その麝香、もしくはそれを模した香りをさします。
現在、入手困難な薬の一つです。
瀕死の病人に対しての、起死回生薬でもあります。

牛黄:ゴオウ。牛の胆嚢にできた石。つまり、牛の胆石。
石が出来るということは、病気。従って、たまにしか見つかりません。
千頭の牛を屠殺しても、一つ位しか見つかりません(数は、不正確)。
中国では、人工牛黄を作る研究がなされていますが、
今のところ、人工的に作ることが出来ません。
これまた、大変高価です。
清熱解熱薬となっていますが、その効能効果は、実に多彩で、簡単に説明の使用があります。
これまた、起死回生の薬でもあります。

青黛:セイタイ。植物。外用では、口内炎、扁桃腺炎などに効果があります。内服としては、咳に効果があります。

地竜:ジリュウ。大地にいる竜、つまりミミズのことです。
蚯蚓は、優れた解熱剤であり、ほとんどの新薬よりも、すぐれています。
しかも、副作用はありません。
大いに使われていいはずなのですが、偏見と無知から、一般的には使われていません。
解熱だけではなく、気管支拡張作用もあります。
ゼンソクや気管支炎で息苦しいのがすぐに楽になります。
現代的な用法では、アトピーのかゆみ、脳梗塞の後遺症などにも用いられています。
また、鎮静作用があります。
うちの薬局では、地竜の錠剤も顆粒も、扱っています。ものがものですから、あまり、使いませんが、ここぞという時に使うと、効き目は、実にシャープです。

朱砂:シュシャ。これは、水銀の化合物。硫化水銀。
当然、日本では使われていません。
しかし、中国の少なからぬ処方に用いられています。

防風:ボウフウ。これは、植物性生薬。まあ、面白くないですね。
発熱、悪寒、頭痛、関節痛などの症状に用います。
蚕紙:サンシ。蚕退紙(サンタイシ)ともいいます。
蚕に卵を生ませる時に、紙の上に卵を産み付けさせます。その紙を指します。
止血作用があり、崩漏(ほうろう:子宮出血の特にはなはだしいもの)、帯下(こしけ)、吐血、鼻血、血便に効果があるとされています。

蟾酥:センソ。いわゆるガマの油。ガマガエルの皮脂腺より、分泌された液。
きわめて毒性が強い。
強心作用があり、心臓の薬として用いられている。
そのほか、鎮咳作用、抗炎症作用などがあります。
ガマの油は、日本でも現役の生薬です。救心、六神丸の主剤です。
こんなの古臭いと思われるでしょうが、
現代医学(西洋医学)でも、心臓の薬として、ジギタリス製剤が、広く用いられています。
ジギタリスは古くから用いられて入る植物です。
これまた毒薬です。
動物植物の違いはありますが、強心剤が天然の生物系生薬であることは、東西で同じです。

天漿子:テンショウシ。イラガの繭。
雀瓮(じゃくおう:字義ではスズメのカメ)ともいいます。
木の枝に小さい卵のような形をして、付いています。
日本では、別名、すずめのたご、スズメの小便たご。
小児のヒキツケなどに用いる。

蝉退:センタイ。蝉の抜け殻。
蝉の抜けがらは、現代でも、ひっそりと使われています。
「消風散」という漢方薬の成分として使われています。
しかし、飲んでいる人は、セミの抜け殻が入っているとは、気が付かないでしょう。
風邪の熱、喉の痛み、声がれ、風疹の痒み、夜泣き、破傷風に効果があるとされています。
「セミの抜け殻は、皮膚のようなものである。
だから、皮膚病に効果があるのだ。」と、書いている古い医書もあります。

烏梢蛇:ウショウダ。黒い蛇なので、烏という字が入っている。
日本にはいない種類の蛇ですが、日本語で「くろへび」ともいいます。
面白いことに、この「くろへび」を「青大将」(浙江中薬手冊)と呼んでいる地区もあるようです。
もちろん日本の青大将ではありません。念のため。



このブログの中でひとつでもいいと思ったことがあれば
下のアイコンをクリックして応援していただけると嬉しいです。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村
アクセスランキング参加中
☆☆☆実際に応用する場合は、自己責任で☆☆☆

そうだ!健康相談に行こう
【昭和薬局】薬剤師  鈴木 覚
〒351-0035 埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
【電話】048-473-7830
【FAX】 048-473-7332
【昭和薬局ホームページ】http://www.saitamakanpo.com 埼玉漢方ドットコム
【昭和薬局ブログ】http://showayakyk.exblog.jp/
プロフィール

鈴木 覚

Author:鈴木 覚
埼玉県で薬局を開局しています。
漢方の勉強と趣味を兼ねて資料を集めている内、虫類にも面白い薬効があることに気がつきましたので2006年からブログをはじめ、今までご紹介してきました。
是非多くの方々に虫類の薬効を広く知っていただければ幸いです。
初めての方は【第1号】はじめに をご覧ください。

ご質問ありましたらtwitterにて。
ただし、虫に関する話題に限ります。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村

リンク
twitter
twitterはじめました! フォロー/リムーブお気軽にどうぞ
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。