スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このブログの中でひとつでもいいと思ったことがあれば
下のアイコンをクリックして応援していただけると嬉しいです。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村
アクセスランキング参加中
☆☆☆実際に応用する場合は、自己責任で☆☆☆

そうだ!健康相談に行こう
【昭和薬局】薬剤師  鈴木 覚
〒351-0035 埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
【電話】048-473-7830
【FAX】 048-473-7332
【昭和薬局ホームページ】http://www.saitamakanpo.com 埼玉漢方ドットコム
【昭和薬局ブログ】http://showayakyk.exblog.jp/

第222号 クシャミ療法  その2

イラガの繭、カブトムシの薬用効果

小児の急性、慢性の驚風(キョウフウ:ひきつけ) 
◎万全保命丸を水に溶いて、鼻のなかにたらし、くしゃみを起こさせる。
同時に薄荷湯3丸を、お湯に溶いて服用させる。
万全保命丸の製法:牛黄(ゴオウ)、麝香(ジャコウ)、青黛(セイタイ)、
朱砂(シュシャ)、全蝎(ゼンカツ)、白僵蚕(ビャッキョウサン)、
蝉退(センタイ)、天麻(テンマ)、焙白附子(ホウハクブシ)、
犀角(サイカク)、天南星(てんなんせう)、天漿子(てんしょうし:イラガの繭。雀瓮ともいう。)、各0.3g、
蟾酥(センソ)0.15gを一緒に研いで、極めて細かい粉にする。
それに、豚の胆汁を加えて、緑豆大の丸剤にする。

☆万全保命丸の解説
犀角丸と重ならない、動物薬を解説します。
全蝎:ゼンカツ。サソリのこと。サソリは腐りやすく、体がバラバラになりやすい。
   特に、尾が取れやすいのですが、サソリの効き目は尾にあるとされています。
それで、わざわざ、サソリの体全体という意味の全蠍と言うのが、生薬としての名称になっています。
また、塩漬けになって保存されています。
食べて見ると、けっこうしょっぱい味です。
なお、サソリには毒がありますが、死んだり、加熱されると、毒性がなくなります。
白僵蚕:ビャッキョウサン。蚕(幼虫)が、ビャッキョウ菌に感染して死んだ蚕の虫体。
全体が白くなって、硬化しています。
ある意味では、まことに不思議な感じがします。
病死した虫の死体が薬になるのですから。
薬理作用としては、小児のヒキツケ・夜泣き、中風による口や眼の歪み、
頭痛、眼の充血、喉の腫れなどに、効果があるとされています。
なお、現在では、幼虫に白僵菌を植え付けて、人工的に、白僵蚕を生産しています。
また、蚕のサナギに白僵菌を植え付けて、白僵蛹(ビャッキョウヨウ)も、作られています。



小児の急性、慢性の驚風(キョウフウ:ひきつけ) 
◎蟾酥丸(センソガン)
処方:蟾酥、脳麝各1.8g、朱砂6g、青黛3g、白附子、全蝎各0.3gを一緒に研いで、
極めて細かい粉にする。
   それに、豚の胆汁を加えて、緑豆大の丸剤にする。
用法:蟾酥丸の1粒に乳汁をまぜて溶かし、鼻のなかに垂らし、クシャミを起こさせる。

小児の急性、慢性の驚風(キョウフウ:ひきつけ) 
◎蝉殻丸
 蝉退、白僵蚕、キョウロウ(炒)各5匹、烏梢蛇肉(炙)30g、青黛、麝香各0.3g、
 白附子、蟾酥各3g、一緒に極めて細かい粉にする。
 豚の胆汁を加えて黍の大きさの丸剤にする。その1粒を取り水を加えて、
 鼻にたらし、くしゃみを起こさせる。同時に3丸を薄荷湯に入れて服用する。
☆キョウロウについて。キョウロウ(キョウは、虫+姜。ロウは、虫+郎)。
 キョウロウはクソムシの和名があります。
 クソムシから考えると、フンコロガシが、キョウロウにあたりそうですが、
 イコールではありません。
 フンコロガシを含む甲虫類です。
 コガネムシ、カナブンなども含み、カブトムシも、キョウロウの一部です。
 ただし、クワガタムシは、キョウロウではありません。


小児の急性、慢性の驚風(キョウフウ:ひきつけ) 
◎中分散
蟷螂(トウロウ:カマキリ)1匹、蜥蜴(セキエキ:とかげ)1匹、
   赤足蜈蚣(ゴコウ:むかで)1匹、以上のすべてを焙って乾燥させ、
   研いで極めて細かい粉にする。
   瓶に入れて保存し、用時に備える。
   用時には適量を取り、鼻に吹きいれ、くしゃみを起こさせる。
☆蟷螂:トウロウ。カマキリ。カマキリは、どの種でもよい。
    喉の痛み、腫れ。痔にも効果がある。外用したり、内服したりする。
    ある本には、痔には、褐色のカマキリを焼いて服用する、とあります。
    カマキリは、緑色のと褐色のとがありますが、体液のペーハー(pH)が違うそうです。
    緑色の体液のpHは、7.8~9、褐色のはpHは5~6。
赤足蜈蚣:ゴコウ。大ムカデ。
     ムカデに咬まれると、非常に痛みますが、ムカデの毒は、蜂の毒に類似した成分だからです。
     毒のある虫類は、一般的に、強力な薬理作用があるものが多いようです。
     中風、破傷風、百日咳、化膿性皮膚疾患、痔、火傷に効果があるとされています。
     また、強力ではないが、弱い抗ガン作用があります。また、抗菌作用があります。



このブログの中でひとつでもいいと思ったことがあれば
下のアイコンをクリックして応援していただけると嬉しいです。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村
アクセスランキング参加中
☆☆☆実際に応用する場合は、自己責任で☆☆☆

そうだ!健康相談に行こう
【昭和薬局】薬剤師  鈴木 覚
〒351-0035 埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
【電話】048-473-7830
【FAX】 048-473-7332
【昭和薬局ホームページ】http://www.saitamakanpo.com 埼玉漢方ドットコム
【昭和薬局ブログ】http://showayakyk.exblog.jp/
プロフィール

鈴木 覚

Author:鈴木 覚
埼玉県で薬局を開局しています。
漢方の勉強と趣味を兼ねて資料を集めている内、虫類にも面白い薬効があることに気がつきましたので2006年からブログをはじめ、今までご紹介してきました。
是非多くの方々に虫類の薬効を広く知っていただければ幸いです。
初めての方は【第1号】はじめに をご覧ください。

ご質問ありましたらtwitterにて。
ただし、虫に関する話題に限ります。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村

リンク
twitter
twitterはじめました! フォロー/リムーブお気軽にどうぞ
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。