スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このブログの中でひとつでもいいと思ったことがあれば
下のアイコンをクリックして応援していただけると嬉しいです。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村
アクセスランキング参加中
☆☆☆実際に応用する場合は、自己責任で☆☆☆

そうだ!健康相談に行こう
【昭和薬局】薬剤師  鈴木 覚
〒351-0035 埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
【電話】048-473-7830
【FAX】 048-473-7332
【昭和薬局ホームページ】http://www.saitamakanpo.com 埼玉漢方ドットコム
【昭和薬局ブログ】http://showayakyk.exblog.jp/

第249号 トビケラの薬用効果

多発性硬化症には、冬虫夏草


多発性硬化症は、自己免疫疾患の一つであって、
国によって、難病に指定されています。
所謂、難病の多くが、免疫系統の病気です。


多発性硬化症は、脳や脊髄など中枢神経が傷む病気です。
電線には、外に電気が出ないように(ショート)ビニールなどで覆われています。
その一部でも壊れて、電線がむき出しになると、
思わぬところに電気が行き(ショート:漏電)、多くの困ったことが起こります。


同じように、神経には、それを覆うさやの役目を果たす「髄鞘(ずいしょう)」
というのがありますが、炎症によって壊れる脱髄を起こします。
視神経が傷つくと、物が見えにくくなります。


脳幹なら、食べ物が飲み込みにくくなったり、話すのが困難になったりします。
脊髄ですと、手足のしびれや歩行困難、トイレが近くなるなどの症状が起こります。


原因は、はっきりとは、解っていません。
有力な見方としては、本来は細菌やウイルスなどから身を守る免疫機能に異常が生じ、
逆に自分を攻撃する自己免疫疾患であろうということです。


欧米の国際研究チームが、多発性硬化症患者の遺伝子の塩基配列を調べたところ、
自己免疫疾患である関節リウマチや1型糖尿病、潰瘍性大腸炎との
共通点が多いことが分かったそうです。


多発性硬化症は、他の免疫系疾患と同様に、女性の方が多く、
20~40歳で発症することが多いようです。


治療は、急性期に入った場合、他の免疫系の病気と同様に、
ステロイド剤が使われます。
しかし、ある程度しか効果がありません。


この多発性硬化症の薬として、去年から、「フィンゴリモド塩酸塩」
(商品名:イムセラ= 田辺三菱製薬。商品名:ジレニア=ノバルティスファーマ)
が発売されています。


この、「フィンゴリモド塩酸塩」は、冬虫夏草の一種である
ツクツクボウシタケ(Isaria sinclairi Kobayasi)由来の天然物である
マイリオシンから、導き出された物です。


蝉の幼虫にキノコが寄生したもので、セミタケといわれている冬虫夏草です。
ただし、残念ながら「フィンゴリモド塩酸塩」は、多発性硬化症に対して、
少し有効な程度です。また、副作用もあります。


冬虫夏草は、本来は、昆虫の遺体にキノコがはえたものの全てを含みます。
しかし、一般に出回っている冬虫夏草は、ほとんどコウモリ蛾の幼虫に
キノコが生えたものです。


天然のだけでは間に合わなくなってきていますので、
現在は、養殖されたもの、組織培養されたものがあります。


また、蝙蝠蛾由来の冬虫夏草については、多くの研究がなされています。




そこで、参考までに、その薬理作用について、少し書いてみます。

◎免疫力を強化する。
◎マクロファージの食作用を増強する。
◎体液免疫機能を増強させる。
◎細胞免疫に対して、調節作用がある。
◎Nk細胞(ナチュラルキラー細胞)の活性を増強する。

・・・などなど。



このように、冬虫夏草(蝙蝠蛾)は、免疫系に対してよい働きがあります。


してみると、セミ由来の「冬虫夏草」から、免疫系の病気である
「多発性硬化症」に効く成分が開発されても、
不思議なことでは、無いでしょう。


このブログの中でひとつでもいいと思ったことがあれば
下のアイコンをクリックして応援していただけると嬉しいです。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村
アクセスランキング参加中
☆☆☆実際に応用する場合は、自己責任で☆☆☆

そうだ!健康相談に行こう
【昭和薬局】薬剤師  鈴木 覚
〒351-0035 埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
【電話】048-473-7830
【FAX】 048-473-7332
【昭和薬局ホームページ】http://www.saitamakanpo.com 埼玉漢方ドットコム
【昭和薬局ブログ】http://showayakyk.exblog.jp/
プロフィール

鈴木 覚

Author:鈴木 覚
埼玉県で薬局を開局しています。
漢方の勉強と趣味を兼ねて資料を集めている内、虫類にも面白い薬効があることに気がつきましたので2006年からブログをはじめ、今までご紹介してきました。
是非多くの方々に虫類の薬効を広く知っていただければ幸いです。
初めての方は【第1号】はじめに をご覧ください。

ご質問ありましたらtwitterにて。
ただし、虫に関する話題に限ります。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村

リンク
twitter
twitterはじめました! フォロー/リムーブお気軽にどうぞ
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。