スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このブログの中でひとつでもいいと思ったことがあれば
下のアイコンをクリックして応援していただけると嬉しいです。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村
アクセスランキング参加中
☆☆☆実際に応用する場合は、自己責任で☆☆☆

そうだ!健康相談に行こう
【昭和薬局】薬剤師  鈴木 覚
〒351-0035 埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
【電話】048-473-7830
【FAX】 048-473-7332
【昭和薬局ホームページ】http://www.saitamakanpo.com 埼玉漢方ドットコム
【昭和薬局ブログ】http://showayakyk.exblog.jp/

第261号  「鉱毒地鳥獣虫魚被害実記 前書」

第261号  「鉱毒地鳥獣虫魚被害実記 前書」
                                     2015.9
庭田源八先生著、明治31年旧2月10日(稿了)
副題「北関東・渡良瀬川流域の昔の自然、特に鳥獣虫魚について」


前書

「鉱毒地鳥獣虫魚被害実記」は、足尾銅山鉱毒事件の基礎資料の一つとされています。
群馬県館林市には、「NPO法人 足尾鉱毒事件田中正造記念館」というのがあります。
2、3年前に、そこに行ったときに、「鉱毒地鳥獣虫魚被害実記」の存在を知りました。そのNPO法人で、再版したそうですが、今はもうないとのことでした。


実は、私は、足尾鉱毒事件の被害者の子孫です。私の曾祖父・鈴木伊助は、鉱毒事件によって、先祖伝来の土地である谷中村を、追われました。田中正造先生については、このような事を聞かされています。
田中正造先生は、鉱毒被害救済のために、鉱毒被害地の足を運び、支持者の家に泊まって活動をしていました。
正造先生は、曾祖父 鈴木伊助の家にも、泊まったりしたそうです。そのとき、私の祖母は、まだ幼児でしたが、正造先生の事を、「じい じい」と呼んでいたそうです。また、田中先生に背負われたこともあったそうです。

さて、私の先祖の住んでいた自然環境はどんなものであったか、と思う時もありますが、手がかりがありませんでした。そんな時に、「鉱毒地鳥獣虫魚被害実記」を知りました。何とか手に入らないだろうかと、調べましたが、その時は、見つかりませんでした。
それが、先日(2015.8)、日本の古本屋というサイトで見つけ、早速購入しました。
「足尾鉱毒 亡国の惨状-被害農民と知識人の証言」(復刻 伝統と現代社)、に収録されていました。
 
これを読んでみて、渡良瀬川流域の自然の恵みに驚かされました。
「エジプトは、ナイルの賜物」という言葉がありますが、私にとっては、「両毛地方は、渡良瀬の賜物」であるとの裏付けを得た思いです。

題名に被害実記とあり、筆者の庭田源八先生は、鉱毒の被害について、世間に訴えたいとの思いで、この「鉱毒地鳥獣虫魚被害実記」を書いたのでしょう。しかし、図らずも、鉱毒被害以前の、渡良瀬川流域、即ち狭義での両毛地方の、明治初年までの、自然を描写したことに成りました。
この「鉱毒地鳥獣虫魚被害実記」は、「北関東・渡良瀬川流域の昔の自然、特に鳥獣虫魚について」と副題をつけてもいいのではないかと思います。明治時代以前の北関東の自然について「鉱毒地鳥獣虫魚被害実記」以外に描写されたものが、あるのだろうかと疑問です。現代ですら、寡聞にして、私は知りません。
「鉱毒地鳥獣虫魚被害実記」は、博物誌としても、価値があるものだと思います。

私は、「鉱毒地鳥獣虫魚被害実記」を読んで、これは、大変貴重な自然の資料だと思うと同時に、現在の若い人にとっては、かなり読みにくい文章であろうと思いました。
文章には、文語調、候文、口語調等が混じっています。また、送りがなの混乱、当て字の漢字が多用されています。それらが、一種の不思議な魅力をかもし出していますが、読みにくさにもなっています。

著者の庭田源八先生は、明治31年2月10日に60歳と記しています。すると、江戸時代の生まれであり、もうすでに、著作権は消滅しています。
そこで、「鉱毒地鳥獣虫魚被害実記」の原文を尊重しつつ、多少読みやすいように、
手を加え、旧仮名遣いは現代仮名遣いに変えて、紹介します。







このブログの中でひとつでもいいと思ったことがあれば
下のアイコンをクリックして応援していただけると嬉しいです。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村
アクセスランキング参加中
☆☆☆実際に応用する場合は、自己責任で☆☆☆

そうだ!健康相談に行こう
【昭和薬局】薬剤師  鈴木 覚
〒351-0035 埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
【電話】048-473-7830
【FAX】 048-473-7332
【昭和薬局ホームページ】http://www.saitamakanpo.com 埼玉漢方ドットコム
【昭和薬局ブログ】http://showayakyk.exblog.jp/
プロフィール

鈴木 覚

Author:鈴木 覚
埼玉県で薬局を開局しています。
漢方の勉強と趣味を兼ねて資料を集めている内、虫類にも面白い薬効があることに気がつきましたので2006年からブログをはじめ、今までご紹介してきました。
是非多くの方々に虫類の薬効を広く知っていただければ幸いです。
初めての方は【第1号】はじめに をご覧ください。

ご質問ありましたらtwitterにて。
ただし、虫に関する話題に限ります。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村

リンク
twitter
twitterはじめました! フォロー/リムーブお気軽にどうぞ
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。