スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このブログの中でひとつでもいいと思ったことがあれば
下のアイコンをクリックして応援していただけると嬉しいです。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村
アクセスランキング参加中
☆☆☆実際に応用する場合は、自己責任で☆☆☆

そうだ!健康相談に行こう
【昭和薬局】薬剤師  鈴木 覚
〒351-0035 埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
【電話】048-473-7830
【FAX】 048-473-7332
【昭和薬局ホームページ】http://www.saitamakanpo.com 埼玉漢方ドットコム
【昭和薬局ブログ】http://showayakyk.exblog.jp/

鉱毒地鳥獣虫魚被害実記  1月   第262回

鉱毒地鳥獣虫魚被害実記  1月
                                            第262回   2015.9


 底本として、伝統と現代社、1977、1刊、「足尾鉱毒亡国の惨状 被害農民と知識人の証言 復刻」に収録されている「鉱毒地鳥獣虫魚被害実記」を用いました。
 木下尚江「田中正造翁」に、「渡良瀬川の詩」と題して「鉱毒地鳥獣虫魚被害実記」の全部ではないが、多くが収録されていますが、それも参考としました。ただし、この文章を「詩」と称しているのは、間違っています。詩ではなく、苦しみを描写したものです。その上、文章の一部を改変しています。何らかの意図も伺えます。
 「義人全集 鉱毒事件 下巻」にも、「鉱毒地鳥獣虫魚被害実記」の一部が紹介されていますが、これは引用、紹介であって、特に問題は、ありません。

「い」と「え」について。
しばしば本文中に、「い」と「え」の混同が見られます。これは、鉱毒被害地である、上毛、足利近辺の方言の特長です。たとえば、「草が生える」を「草がはいる」などの表現が見られます。著者の庭田源八先生は、栃木県足利郡の生まれであるので、そのような表現が見られます。その場合、本文の後に( ) で、標準語での音を示しました。


(足尾鉱毒事件) 鉱毒地鳥獣虫魚被害実記 1月
副題「北関東・渡良瀬川流域の昔の自然、特に鳥獣虫魚について」


立春正月の節、雪が一尺以上も降りますと、まだ寒う御座(ござ)りますから、なかなか 溶けません。
子供などが 雪を二坪くらい片付けまして、その所に餌をまき置きますると、二日三日も餌に飢(かつ)えておりますから、その所に 種々の鳥が来ますから、そこへ青丸竹 寸(すん)くらいなるを 土間につけ、横に致し、
根本に杭(くい)を三尺位(くらい)の間をあけて 二本打ち立て、合(あい)にはさみ、根の一番杭(くい)は 根の外に打ち立て、二番杭(くい)は 内にして 力かぎり弓に張り、
竹の先に 力の持つ所くらいに 竹杭(くい)を打ち立て、土際(つちぎわ)より三寸くらい出し、
これを矢はづ(矢筈)に切り、細き苧糸(カラムシと読むのか?)の先を結び 玉にして、右 矢はづ(矢筈)の竹杭(たけくい)に挾み、おおよそ十二三間位の所に 綱を引き置き、
右 雪かたづけ、餌をまきつけました所に、雀や鳩が餌にこごえておりまするを 待ちおりまして、これを 急に糸を引きますから、矢はづれ、杭(くい)に玉を結びとめて置きました 青竹弓がはづれまして、
雀や鳩が 一度に三匹も五匹も取れました。
又 同じく 麦ぶるい と申しまして、差し渡しが三尺位、深さが六七寸位のふるいを、その位に 雪を除き餌をまき置き、その所にかぶせ、地より一尺五寸くらい斜めに伏せ、細き竹に糸を付け、これも十間長き糸 引き置き、
右 同じく小鳥が餌に渇(かつ)えて降(お)りるを見て、急に引き 小鳥を取る。
一匹二匹は 取れ申しそうろう也。
前に申した 青竹弓を ブツハキ と言う、麦ふるいを 引きかぶせと言う。
近年 鉱毒被害のため小鳥少なく、二十歳以下の男子、この例を知る者なし。
 
正月の節より 十日も立ちまして、雪が七寸 ないし一尺余も降りまして、寒気も 余程ゆるみましたとも 見えませんけれど、もはや 陽気でございまして、その明る日 晴天になりますと、雪は 八・九時十時より だんだん解けますに、田んぼ共 日なたの良き箇所(かしょ)は 所所に土地が 雪よりあらわれます。
陽災(かげろう)は立ちまするが、陽気が土中よりのぼりて、譬(たとえ)ば 湯げの如きが立ち登る。
太陽 照らし 九時より十一時 おおよそ三時間位あります。然(しか)るに、鉱毒被害 極々(ごくごく) 八九寸より三尺に 渡りそうろう田んぼには、更に陽気の立登るを不見(みず)。愚(ぐ=私) 考え仕りそうろうには、鉱毒のため 陽気の立登る土地 性分なきものと認めそうろう。
鉱毒 これ無き場所は、陽気 立ち登る事 更に変わる事なし。


雨水(うすい) 正月の中の節に当りましては、渡良瀬川(わたらせがわ)の瀬と淀(よど)の間には、所々に 藻が生え、コウホネ等と言う草が 多く茂りて、水中に草が生えました。
コウホネは、芭蕉の葉の小さいような 青々と致しまして 軸が丸く、黄の花が水中より ぬけ出て咲きました。
その外も草が多く茂りましたが、洪水 度毎(たびごと)に鉱毒が沈澱いたし、川々支流も同様、只今では 更にござりません。
もっとも、右 草類は 何(いず)れも寒中より出る草、その藻の根のあたりに、蜆(シジミ)やニギラコ(握ぎらこ:何かは不明)等と申しまして、小さい片貝様なが 多くおりました。
只今では、草もろともに だんだんとなくなりまして、更らに御座(ござ)りません。
又 沼等にて、ドンブ虫(水生昆虫であろうが、何であるかは不明)と言うがありました。
その虫をすくい取り置き、針に差し 餌に致し 置き針と申しまする。
置きますと 鰻が冬籠(ふゆごもり)り致し、穴より出ました。
餌についておりますから 多く取れましたが、鉱毒被害以来 取れません。

朝霞の漢方  昭和薬局    薬剤師  鈴木 覚
〒351-0035 埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
  TEL 048-473-7830  FAX 048-473-7332
休業日:日曜、木曜、祭日
【昭和薬局ホームページ】http://www.saitamakanpo.com 埼玉漢方ドットコム
【昭和薬局ブログ】http://showayakyk.exblog.jp/



このブログの中でひとつでもいいと思ったことがあれば
下のアイコンをクリックして応援していただけると嬉しいです。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村
アクセスランキング参加中
☆☆☆実際に応用する場合は、自己責任で☆☆☆

そうだ!健康相談に行こう
【昭和薬局】薬剤師  鈴木 覚
〒351-0035 埼玉県朝霞市朝志ヶ丘1-2-6-106
【電話】048-473-7830
【FAX】 048-473-7332
【昭和薬局ホームページ】http://www.saitamakanpo.com 埼玉漢方ドットコム
【昭和薬局ブログ】http://showayakyk.exblog.jp/
プロフィール

鈴木 覚

Author:鈴木 覚
埼玉県で薬局を開局しています。
漢方の勉強と趣味を兼ねて資料を集めている内、虫類にも面白い薬効があることに気がつきましたので2006年からブログをはじめ、今までご紹介してきました。
是非多くの方々に虫類の薬効を広く知っていただければ幸いです。
初めての方は【第1号】はじめに をご覧ください。

ご質問ありましたらtwitterにて。
ただし、虫に関する話題に限ります。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村

リンク
twitter
twitterはじめました! フォロー/リムーブお気軽にどうぞ
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。